前重心 右脚の感覚がない、外反母趾の痛み

前重心 右脚の感覚がない、外反母趾の痛み 50代女性 バレエ指導者 Yさん

前重心に変化が出始めたYさん。
「最近、右脚に感覚が出てきたというか・・。ずっと感覚がなかったんですけど、血が通るのがわかるようになったんです!」

もともとの相談内容は、外反母趾の痛みが強く、他、アキレス痛、首・背中・腰など全身的に不調が多かったため、感覚のない右脚のことは当初、相談内容に上らない状態だったようです。

骨格状態は立位での頭部右横ズレが大きかったのですが、それ以上に気になったのが、強烈な前重心 でした。

骨格本来の重心位置に誘導すると「・・んん・・かなりキツイです(笑)ここで立つんですか?後ろに倒れます〜」全く不可能な状態でしたが、それでも調整のたびに、本来の重心位置の確認作業を続けました。


頭部の右横ズレは調整の進行と共に、徐々に変化していましたが、前重心に関しては、職業上、長年その状態で使い続けてきたため、脚の筋肉拘束が非常に強く、中々変化がみられませんでした。

Yさんの様に、長期的に続けている運動や、職業で動きの偏りが強いなどの場合、調整で歪みが減少しても意識的に重心位置や動きの認識修正が必要な場合があります。

また、クラッシックバレエを行っている方の場合、レッスン時の立ち方、姿勢を日常生活でも行っていることがよくあります。

バレエの立ち方は「日常生活では適さない関節をロックした姿勢」です。

つま先を180度開き、極限まで股間節を外旋し関節がロックすることで、ぐらつきにくい不動の姿勢となるのですが、関節がロックされるということは、関節に「遊び」が無くなることを意味します。常に関節がロックされた状態は、全身の慢性緊張や関節負担が大きくなり、重心異常を起こしやすくなります。こうしたことから、あくまで「パフォーマンス中だけの一時的なもの」と理解する必要があります。

成長期のお子さんの姿勢教育にお考えの場合、こうした理解が必須です。


*詳細は「構造的に正しい身体の使い方 理論編」
第二章「 第二節 生理的湾曲の失われた胴体を支える「脚」「脚三関節」」P93をご参照下さい。

Yさん、調整により頭部右横ズレが減少し、本来の重心位置で立つ訓練をしてきたことにより、立位状態が着実に中心の安定した状態に変化してきました。これらに伴い、当初の問題はいずれも変化、改善されてきました。





下の絵は、左から右へ、老化とマス目の歪みの変化
を表したイメージイラストです。
マス目の歪み進行・老化
0歳〜幼児 → 小・中学 → 成人 → 中高年 → 高齢

「身体の歪み」を研究するなかで「マス目の歪み」
というものの存在が、明らかになって来ました。
「マス目の歪み」の調整法を、骨格細分化調整と言います。

マス目の歪みは増加しながら、
骨格的老化を早める大きな要因です。

大なり小なり、歪みは誰にでもあるものです。
無事に発達しながら立位を獲得し、自由に歩けるようであれば
特に、調整は必要ありません。

しかし、まだ立ち歩く前の段階で
マス目の歪みの影響により、
立位、歩行の獲得が困難になっている場合は
調整の必要があります。




そもそも、「不良姿勢」とは、どの様な状態で
「正しい姿勢」とは、どういう状態をいうのか?
これらの理解がない限り、
姿勢を正すというのは困難です。
場合によっては、身体の負担となる姿勢を
身につけてしまうこともあります。

日頃、皆さんが抱くこうした疑問を
解消するのに最適な書籍を作成しました。

「構造的に正しい姿勢、構造的に正しい身体の使い方」
理論編と実践編の二冊同時、
中心軸整体かアマゾンで購入出来ます。
姿勢や座り方、歩きに至るまで、
一般の方々にも分かりやすい様に
豊富なイラストで解説しました。
実際のトレーニング内容も、
自宅で行え、日常生活そのものが
トレーニングとなる内容となっています。

構造的理解を深め、
姿勢や日常所作のポイントを知る事は
健康作りの土台になります。
骨格細分化調整を受けていない方も是非ご覧下さい。

構造的に正しい姿勢 構造的に正しい身体の使い方<理論編>
hyoushi riron200

<実践編>
hyoushi jissenn200

中心軸赤ちゃん整体院のホームページはこちらへ

中心軸側湾症整体院のホームページはこちらへ

クリックお願いします
人気ブログランキングへ

重心変化比較写真 前重心の弊害

重心変化比較写真  中学生 F君

調整開始前  5回調整後
FH ブログ用

左:赤いラインから大きく外れてします。
右:赤いライン上に身体が位置してきています。

写真の赤い垂直ライン上から外れるほど、身体に負担の大きい状態になります。
一番重力のかかる骨で立てているほど、赤いライン上に身体が位置します。

F君の場合、骨格に自然な状態で立ちたくても、歪みの影響で不自然な前のめり状態でしか立てない状態にありました。
赤いラインから外れるほど、不必要な緊張をさせなければ立っていられない状態になるため、疲れやすく、動きもぎこちなく不自然さが伴います。

重心変化に伴い、徐々に筋肉に柔らかさが出てきました。
「座りやすくなった」「歩きやすい」「運動が上達した」

前重心の定義はこちら↓
前重心の定義

構造的に不利な状態が続くことは姿勢の老化を早めます↓
前重心のため年々姿勢が悪くなっている




下の絵は、左から右へ、老化とマス目の歪みの変化
を表したイメージイラストです。
マス目の歪み進行・老化
0歳〜幼児 → 小・中学 → 成人 → 中高年 → 高齢

「身体の歪み」を研究するなかで「マス目の歪み」
というものの存在が、明らかになって来ました。
「マス目の歪み」の調整法を、骨格細分化調整と言います。

マス目の歪みは増加しながら、
骨格的老化を早める大きな要因です。

大なり小なり、歪みは誰にでもあるものです。
無事に発達しながら立位を獲得し、自由に歩けるようであれば
特に、調整は必要ありません。

しかし、まだ立ち歩く前の段階で
マス目の歪みの影響により、
立位、歩行の獲得が困難になっている場合は
調整の必要があります。




そもそも、「不良姿勢」とは、どの様な状態で
「正しい姿勢」とは、どういう状態をいうのか?
これらの理解がない限り、
姿勢を正すというのは困難です。
場合によっては、身体の負担となる姿勢を
身につけてしまうこともあります。

日頃、皆さんが抱くこうした疑問を
解消するのに最適な書籍を作成しました。

「構造的に正しい姿勢、構造的に正しい身体の使い方」
理論編と実践編の二冊同時、
中心軸整体かアマゾンで購入出来ます。
姿勢や座り方、歩きに至るまで、
一般の方々にも分かりやすい様に
豊富なイラストで解説しました。
実際のトレーニング内容も、
自宅で行え、日常生活そのものが
トレーニングとなる内容となっています。

構造的理解を深め、
姿勢や日常所作のポイントを知る事は
健康作りの土台になります。
骨格細分化調整を受けていない方も是非ご覧下さい。

構造的に正しい姿勢 構造的に正しい身体の使い方<理論編>
hyoushi riron200

<実践編>
hyoushi jissenn200

中心軸赤ちゃん整体院のホームページはこちらへ

中心軸側湾症整体院のホームページはこちらへ

クリックお願いします
人気ブログランキングへ

人間は「自分の微生物が食べたもの」で出来ている

hitogenomu.jpg

遺伝子解読は完了しかし病気の原因は解明されず

2003年に遺伝子の全配列は解明されたが医療に役立つことはなかった。世界中の 科学ジャーナリストは失望を口にした。病気の原因が明らかになるようなことはなく、いくつかの遺伝疾患について治療法が改善された。

「ヒトゲノムが与えてくれるのは、わずかな情報にすぎない。体内の微生物が病気に対する人体の反応に影響を与えていることが判明したからには、今後われわれはこの分野についてさらに研究を進めなくてはいけない」
インペリアル・カレッジ ジェレミー・ニコルソン教授 ( 生化学 )

人間は「96%が微生物」「4%が人間」で出来ている
・人間の細胞37兆個
「あなたの体は9割が細菌」より引用
・人間と共生する微生物の細胞 500~1000 兆個 ひふじょうざいきん
(腸内細菌、皮膚常在菌等、全身に微生物は存在) 人間の細胞数は、微生物の細胞数の約 4%

28人クラスで例えると 微生物27人:人間1人

完全除菌すると人間は生存不可能

●皮膚のバリア:微生物がつくる「第二の皮膚」は、皮膚細胞による防御を強化して人体内部を二重に守っている。

●汗の匂う原因:アポクリン腺から出る汗は無臭。皮膚の微生物は汗を分解する。しかし、石鹸と脱臭剤は「アンモニア酸化細菌」を殺すので「コリネバクテリウム」が増え、汗が嫌な匂いを発するようになる。

●人間は「自分の微生物が食べたもの」で出来ている:摂取カロリーは、どれだけ食べるかでなく、腸内細菌がどれだけ分解し、腸が吸収するかによって決まる。栄養学は物事の一面しかとらえていない。

●感染症と免疫:共生している微生物は、人体の免疫システムと緊密に連携し、人に危害をもたらす可能性がある感染症から人間を守っている。





下の絵は、左から右へ、老化とマス目の歪みの変化
を表したイメージイラストです。
マス目の歪み進行・老化
0歳〜幼児 → 小・中学 → 成人 → 中高年 → 高齢

「身体の歪み」を研究するなかで「マス目の歪み」
というものの存在が、明らかになって来ました。
「マス目の歪み」の調整法を、骨格細分化調整と言います。

マス目の歪みは増加しながら、
骨格的老化を早める大きな要因です。

大なり小なり、歪みは誰にでもあるものです。
無事に発達しながら立位を獲得し、自由に歩けるようであれば
特に、調整は必要ありません。

しかし、まだ立ち歩く前の段階で
マス目の歪みの影響により、
立位、歩行の獲得が困難になっている場合は
調整の必要があります。




そもそも、「不良姿勢」とは、どの様な状態で
「正しい姿勢」とは、どういう状態をいうのか?
これらの理解がない限り、
姿勢を正すというのは困難です。
場合によっては、身体の負担となる姿勢を
身につけてしまうこともあります。

日頃、皆さんが抱くこうした疑問を
解消するのに最適な書籍を作成しました。

「構造的に正しい姿勢、構造的に正しい身体の使い方」
理論編と実践編の二冊同時、
中心軸整体かアマゾンで購入出来ます。
姿勢や座り方、歩きに至るまで、
一般の方々にも分かりやすい様に
豊富なイラストで解説しました。
実際のトレーニング内容も、
自宅で行え、日常生活そのものが
トレーニングとなる内容となっています。

構造的理解を深め、
姿勢や日常所作のポイントを知る事は
健康作りの土台になります。
骨格細分化調整を受けていない方も是非ご覧下さい。

構造的に正しい姿勢 構造的に正しい身体の使い方<理論編>
hyoushi riron200

<実践編>
hyoushi jissenn200

中心軸赤ちゃん整体院のホームページはこちらへ

中心軸側湾症整体院のホームページはこちらへ

クリックお願いします
人気ブログランキングへ

立ちにくさと情緒、発達 5歳 

立ちにくさと情緒、発達
Dくん 5歳 

発達全体が遅く、不安定な首の座り、ハイハイしない、低緊張などで数年前に調整に来ていた。
遠方から飛行機で来た甲斐あって、数回の調整で歩けるようになった。
それから一年後、歩行のふらつき、不安定さなどで再訪。こちらも、調整後、改善されたとのこと。
一歳三ヶ月 不安定な首、ハイハイしない、座れない、立てない2

あれから2年経過、5歳になったDくん。

今回は、他の子と比べると発達全体にゆっくりめなこと、同い年の子とは遊ぼうとしないことや、集団行動などで気になることがあり、久々に調整に来られた。

頭部変形分類:A7B3

・全体に前後圧迫気味、特に左後方の圧迫が強く、横広がり平べったい状態。
・後頭部の筋肉が発達しにくいためか、首も円柱状になく、平べったくなっている。
・左腰が前に出た捻じれた状態の立位。

本来の骨格状態に合わせて頭部を乗せると、頭部が大きく左横にズレてしまい、本来の骨格状態での立位維持が難しい状態にあることがわかる。

傍目にはグニャグニャした印象となるが、マス目の歪みの影響が大きい状態にある身体からすれば、筋肉の緊張をなるべく低くし、捻るように身体を収めることで、立位の維持、活動を行っていると考えられる。

筋肉の緊張が普通よりも低く保たれる結果、ぼんやり、うつろな目や、顎上がり、ぽかん口になりやすい。運動面でもバランスが取りづらく、集中力も低くなるため、様々な面で遅れ気味になりやすい。


朝早く起きてバス、電車、飛行機と乗り継いできた疲労のせいか、調整開始後すぐに眠ってしまったものの、目が覚めるとジッとしていることに限界が。今回も親御さんにしっかりと抑えて頂きながら大泣き、汗だくになりながら調整。

調整後、頭部の前後幅に広がりが出た分、横広がりが減少し、筒状にしっかりまとまった感じになった。グニャグニャしていた首がスッと立ち、頭部を乗せ直さなくても楽に乗った状態に。体全体が中央にまとまり、身長も伸びたかのような印象。目線もしっかりとして昨日とは別人のような脚どりで帰って行った。




下の絵は、左から右へ、老化とマス目の歪みの変化
を表したイメージイラストです。
マス目の歪み進行・老化
0歳〜幼児 → 小・中学 → 成人 → 中高年 → 高齢

「身体の歪み」を研究するなかで「マス目の歪み」
というものの存在が、明らかになって来ました。
「マス目の歪み」の調整法を、骨格細分化調整と言います。

マス目の歪みは増加しながら、
骨格的老化を早める大きな要因です。

大なり小なり、歪みは誰にでもあるものです。
無事に発達しながら立位を獲得し、自由に歩けるようであれば
特に、調整は必要ありません。

しかし、まだ立ち歩く前の段階で
マス目の歪みの影響により、
立位、歩行の獲得が困難になっている場合は
調整の必要があります。




そもそも、「不良姿勢」とは、どの様な状態で
「正しい姿勢」とは、どういう状態をいうのか?
これらの理解がない限り、
姿勢を正すというのは困難です。
場合によっては、身体の負担となる姿勢を
身につけてしまうこともあります。

日頃、皆さんが抱くこうした疑問を
解消するのに最適な書籍を作成しました。

「構造的に正しい姿勢、構造的に正しい身体の使い方」
理論編と実践編の二冊同時、
中心軸整体かアマゾンで購入出来ます。
姿勢や座り方、歩きに至るまで、
一般の方々にも分かりやすい様に
豊富なイラストで解説しました。
実際のトレーニング内容も、
自宅で行え、日常生活そのものが
トレーニングとなる内容となっています。

構造的理解を深め、
姿勢や日常所作のポイントを知る事は
健康作りの土台になります。
骨格細分化調整を受けていない方も是非ご覧下さい。

構造的に正しい姿勢 構造的に正しい身体の使い方<理論編>
hyoushi riron200

<実践編>
hyoushi jissenn200

中心軸赤ちゃん整体院のホームページはこちらへ

中心軸側湾症整体院のホームページはこちらへ

クリックお願いします
人気ブログランキングへ

歩けない 発達の遅れ アトピー 1歳6ヶ月 Kくん

歩けない 発達の遅れ アトピー
1歳6ヶ月 Kくん

相談内容
発達全体が遅め、手を離しての一人歩きが出来ない。
特定のものにならつかまって歩けるが、低緊張、PTには関節が柔らかすぎると言われている。
仰向けや座位では関節な普通に動かせるが、歩行では脚の関節を曲げずに棒状態でしか動かせない。
アトピーの痒さのためか、夜中何度も起きては泣く。
低体重、体の大きさに対し、頭位が大きい。MRI、染色体検査、異常なし。

生まれた時から向き癖が強く、後頭部変形のため、生後5か月から3か月間、リモルディングヘルメットを装着していた。吸う力が弱く母乳はあまり飲めていない。乳児時、反り返りが強かった。

頭部変形分類:A3B5

頭部全体は大きく膨らんでいるが、マス目の位置は、膨らんだ形状に伴わず、ズレた状態。
単語数はまだ少ないものの、言われていることや物などに対する認識や理解もある。

関西地方から宿泊で来訪。2日連続調整。

調整以降、お母さんの両手につかまりながらのヨチヨチ歩きが出来るようになる。まだ50歩位だが、調整前は、手につかまっても、怖いのか立ち上がることが出来ず、この状態での歩きは出来なかったとのこと。
睡眠にも変化があり、夜中目覚める回数が減った。目が覚めてもすぐに寝付ける、深く眠れるようになった。睡眠の質が上がった影響か、アトピーも少し良くなったとのこと。
赤ちゃん睡眠と発達

調整継続中。





下の絵は、左から右へ、老化とマス目の歪みの変化
を表したイメージイラストです。
マス目の歪み進行・老化
0歳〜幼児 → 小・中学 → 成人 → 中高年 → 高齢

「身体の歪み」を研究するなかで「マス目の歪み」
というものの存在が、明らかになって来ました。
「マス目の歪み」の調整法を、骨格細分化調整と言います。

マス目の歪みは増加しながら、
骨格的老化を早める大きな要因です。

大なり小なり、歪みは誰にでもあるものです。
無事に発達しながら立位を獲得し、自由に歩けるようであれば
特に、調整は必要ありません。

しかし、まだ立ち歩く前の段階で
マス目の歪みの影響により、
立位、歩行の獲得が困難になっている場合は
調整の必要があります。




そもそも、「不良姿勢」とは、どの様な状態で
「正しい姿勢」とは、どういう状態をいうのか?
これらの理解がない限り、
姿勢を正すというのは困難です。
場合によっては、身体の負担となる姿勢を
身につけてしまうこともあります。

日頃、皆さんが抱くこうした疑問を
解消するのに最適な書籍を作成しました。

「構造的に正しい姿勢、構造的に正しい身体の使い方」
理論編と実践編の二冊同時、
中心軸整体かアマゾンで購入出来ます。
姿勢や座り方、歩きに至るまで、
一般の方々にも分かりやすい様に
豊富なイラストで解説しました。
実際のトレーニング内容も、
自宅で行え、日常生活そのものが
トレーニングとなる内容となっています。

構造的理解を深め、
姿勢や日常所作のポイントを知る事は
健康作りの土台になります。
骨格細分化調整を受けていない方も是非ご覧下さい。

構造的に正しい姿勢 構造的に正しい身体の使い方<理論編>
hyoushi riron200

<実践編>
hyoushi jissenn200

中心軸赤ちゃん整体院のホームページはこちらへ

中心軸側湾症整体院のホームページはこちらへ

クリックお願いします
人気ブログランキングへ