赤ちゃん睡眠と発達

赤ちゃんの睡眠と発達

4ヶ月 Rちゃん

相談内容
寝付きが悪く毎日数時間かかる。
眠りが浅いのか、小さな物音などでもすぐに目が覚めてしまう。
一時間位で目覚めてしまい、誕生以来ずっとまとまった睡眠がとれずにいる。
睡眠の質が低いせいか、首の座りが遅く、まだ普通に縦抱きが出来ない。
乳児湿疹もひどく、なかなかなおらず、歪みと関係があるのか気になる。

頭部変形分類:A5B7

初回調整後
途中目を覚ますことなく、7時間連続で眠れた。
ご主人「もっと早くやってれば良かった・・」
調整中から、頭部に膨らみが出てきた感じがあり、2週間後2回目の来訪時には、頭部形状が更に丸い方向へ変化していました。やはり睡眠と関係があるのか、皮膚状態も良くなってきたとのこと。

赤ちゃんの夜泣きや、眠りの浅さについては諸説ありますが、実際の所、原因は分かっていません。

頭部にあるマス目の歪みは呼吸運動に影響する可能性があると考えています。短い間でグングン成長する時期に、基本となる呼吸運動が妨げられることは、新陳代謝、肉体発達全般へ影響します。

大人の場合、睡眠不足や睡眠の質の低下が続くと、疲労が蓄積され続け、筋肉が硬くなったり、あらゆる不調の要因になりますが、赤ちゃんの場合は、成長そのものへの影響となります。




下の絵は、左から右へ、老化とマス目の歪みの変化
を表したイメージイラストです。
マス目の歪み進行・老化
0歳〜幼児 → 小・中学 → 成人 → 中高年 → 高齢

「身体の歪み」を研究するなかで「マス目の歪み」
というものの存在が、明らかになって来ました。
「マス目の歪み」の調整法を、骨格細分化調整と言います。

マス目の歪みは増加しながら、
骨格的老化を早める大きな要因です。

大なり小なり、歪みは誰にでもあるものです。
無事に発達しながら立位を獲得し、自由に歩けるようであれば
特に、調整は必要ありません。

しかし、まだ立ち歩く前の段階で
マス目の歪みの影響により、
立位、歩行の獲得が困難になっている場合は
調整の必要があります。




そもそも、「不良姿勢」とは、どの様な状態で
「正しい姿勢」とは、どういう状態をいうのか?
これらの理解がない限り、
姿勢を正すというのは困難です。
場合によっては、身体の負担となる姿勢を
身につけてしまうこともあります。

日頃、皆さんが抱くこうした疑問を
解消するのに最適な書籍を作成しました。

「構造的に正しい姿勢、構造的に正しい身体の使い方」
理論編と実践編の二冊同時、
中心軸整体かアマゾンで購入出来ます。
姿勢や座り方、歩きに至るまで、
一般の方々にも分かりやすい様に
豊富なイラストで解説しました。
実際のトレーニング内容も、
自宅で行え、日常生活そのものが
トレーニングとなる内容となっています。

構造的理解を深め、
姿勢や日常所作のポイントを知る事は
健康作りの土台になります。
骨格細分化調整を受けていない方も是非ご覧下さい。

構造的に正しい姿勢 構造的に正しい身体の使い方<理論編>
hyoushi riron200

<実践編>
hyoushi jissenn200

中心軸赤ちゃん整体院のホームページはこちらへ

中心軸側湾症整体院のホームページはこちらへ

クリックお願いします
人気ブログランキングへ

腸内環境と子供の落ち着きのなさ

Hくん 5歳

調整開始以降、様々な改善を経て、普通保育園に通い始めたHくん。
以前のHくん→2歳 言葉が遅い、転びやすい、三角頭蓋

保育園に行き始めてから、様々な面で更に成長してきていましたが、最近、気になることも出てきました。
「じっとして話しを聞いていられなくて、すぐに席を離れてしまうそうなんです」
「それから、病院のアレルギー検査で、ほぼ全ての食品に対し、アレルギー反応が出てしまい、何を食べさせていいのか分からなくて・・お米も駄目で。お医者様にも食べるものが何もないんじゃ仕方ないから、ご飯はいいよって言われたんですけど・・」

お母さんのお話を聞いてるうちに、昨年風邪の際に抗生物質を使用して以来、便秘が治らず、おならもひどく臭くなったことが分かりました。

抗生物質の影響で、腸内環境が悪化し、そのことから多動や、自閉症状、アレルギーが起こることがあります。

お話の内容から、腸内環境の回復が最重要と思われ、基本食を提案しました。
基本食というのは、ご飯、味噌汁、漬物を主体にした「戦前だったら普通の食生活のこと」です。
・調味料は塩、味噌、醤油、みりん等
 (味噌、醤油は発酵熟成させた本物をつかう)
・白砂糖、三温糖、黒砂糖は使わず、本物の「みりん」をつかう
 (発酵熟成させた「みりん」は値段が10倍程になります)
・症状が落ち着くまでは、動物性食品はお休み
・菓子類、市販のパン、加工品は食べない
・おやつはお芋や、おむすびなど
・水分補給は水かお茶

お母さん、出来るかどうか自信のなさそうな様子でしたが、次の調整までの一ヶ月間、きっちり実行して来られました。

「幼稚園でお話を最後まで聞いていられるようになったんです!勝手に席を離れるのもないそうで、先生もビックリしてました!」
「食事を変えてからすぐに、毎日うんちが出る様になって、うんちもおならも臭くないんです」
「スーパーに行くといつもお菓子をカゴに入れるのを、私が戻して、この子がまた入れてって・・毎回戦いだったんですけど(笑)お菓子を入れないんですよ、全然お菓子を欲しがらないんです。驚きました!」
「調味料買いに行った時、みりんが高いのでちょっと躊躇したんですけど。使ってみると凄く美味しくてビックリしました。そんなに沢山使うものではないし、これならいいなと思いました」
「それから無添加調味料は難しそうに思ってたんですが、添加物入り何々用のタレとかよりも逆にシンプルで使いやすくなりました。こんなに少ない調味料で、こんなに色々出来るものなんですね
一緒にいらしていたご主人様もお気に入りにメニューなどの話しをされていました。

お漬物は祖父母から頂いた糠漬けを食べているそうですが、この分だと、お漬物の世界に目覚めるのもそう遠くなさそうです。

大人はある程度、身体の不快状態を認識出来ますが、小さい子供ほど、身体の不快感を認識出来ないまま、情緒面や、コントロール不能な行動として表れることが多々あります

表向きは戦争のない平和な日本の様ですが、敗戦後の食生活の変化は、中毒性の高い物質が食品として溢れかえり、食を通して肉体を害していく時代です。今すぐ死ぬことはなくても、蓄積され続ける毒物が肉体だけでなく、精神にも影響していきます。それは、少しずつ少しずつ進んでいくので、直接的な因果関係が分かりにくく、長年かけてその人の体質として作り上げられていくものです。「そういう体質、そういう性格、仕方ない」と思っている自分が実は食害から作り上げられた自分かも知れません。

大げさに聞こえるかも知れませんが、お子さんの将来の健康を願うなら、本物の食べ物を与えることです。ハイリスクな食品もどきを欲しがらない味覚に育てることで、病院、不調とは縁遠い大人になれます。




下の絵は、左から右へ、老化とマス目の歪みの変化
を表したイメージイラストです。
マス目の歪み進行・老化
0歳〜幼児 → 小・中学 → 成人 → 中高年 → 高齢

「身体の歪み」を研究するなかで「マス目の歪み」
というものの存在が、明らかになって来ました。
「マス目の歪み」の調整法を、骨格細分化調整と言います。

マス目の歪みは増加しながら、
骨格的老化を早める大きな要因です。

大なり小なり、歪みは誰にでもあるものです。
無事に発達しながら立位を獲得し、自由に歩けるようであれば
特に、調整は必要ありません。

しかし、まだ立ち歩く前の段階で
マス目の歪みの影響により、
立位、歩行の獲得が困難になっている場合は
調整の必要があります。




そもそも、「不良姿勢」とは、どの様な状態で
「正しい姿勢」とは、どういう状態をいうのか?
これらの理解がない限り、
姿勢を正すというのは困難です。
場合によっては、身体の負担となる姿勢を
身につけてしまうこともあります。

日頃、皆さんが抱くこうした疑問を
解消するのに最適な書籍を作成しました。

「構造的に正しい姿勢、構造的に正しい身体の使い方」
理論編と実践編の二冊同時、
中心軸整体かアマゾンで購入出来ます。
姿勢や座り方、歩きに至るまで、
一般の方々にも分かりやすい様に
豊富なイラストで解説しました。
実際のトレーニング内容も、
自宅で行え、日常生活そのものが
トレーニングとなる内容となっています。

構造的理解を深め、
姿勢や日常所作のポイントを知る事は
健康作りの土台になります。
骨格細分化調整を受けていない方も是非ご覧下さい。

構造的に正しい姿勢 構造的に正しい身体の使い方<理論編>
hyoushi riron200

<実践編>
hyoushi jissenn200

中心軸赤ちゃん整体院のホームページはこちらへ

中心軸側湾症整体院のホームページはこちらへ

クリックお願いします
人気ブログランキングへ

花粉症改善体験

花粉症改善体験

今回は深田先生の花粉症改善体験のお話をします。

私達は食養生を始めてから、食生活と運動による身体の変化やアレルギー変化の観察を続けています。
特に不調はありませんでしたが、2017年度は、体重の増加と強度の向上を目的に動物性食品の摂取量を増やしてみました。約一年経過、体重の増加は3〜4キロ程度。筋肉の厚みや弾力が増し、骨格的には強度が増した感じに変化しました。

ところが、翌年2018年、食養生の開始以来、激減していた花粉症の症状(鼻水、目のかゆみ、喉のイガイガ、皮膚のかゆみ)が急激に悪化。そこで、
・動物性食品は昼食時のみ
・夕食は穀物菜食
・夕食量も1、2割減(腹八分〜六分)

翌日から花粉症状が軽くなり、数日でほぼ気にならない程度にまで改善。過去、多数のクライアントでも同様の報告があったので、この結果はほぼ予想通りでした。

また、長年、ご家族で調整を続けてこられたTさんご一家。例年家族中で花粉症なのですが、どういう訳か、今年は花粉症という言葉も出て来ない位、この季節を普通に過ごされていました。不思議に思いながら、奥様とお話をしていた所、なるほどと納得しました。2年ほど前に、ご主人様が病気になったことをきっかけに、それまでの肉食中心の食生活から穀物・野菜を中心とした和食に切り替えることにしたそうです。動物性食品を全くとならいということではありませんが、動物性食品、刺激物、アルコールなどは極力控え、夕食も7時までには済ますようにしたそうです。食生活を変えてすぐ、奥様が「便の質、ニオイが変わった」ことに気がついたそうです。花粉症状が全くないということではないそうですが、これまでとは比べ物にならない変化に、私達も驚きました。たまたま深田先生の事とも重なって、食べ物と消化、アレルギーの関係性について、さらに確信が深まりました。

深田先生、花粉症状の激減とともに「身体もスッキリした感じで、動きやすくなった」とのこと。
元々、標準より痩せ型、中々太れない体質なので、自分の体質に合った状態の維持を目的にした方が、快適さ、健康感が優位にあるという結果になりました。




下の絵は、左から右へ、老化とマス目の歪みの変化
を表したイメージイラストです。
マス目の歪み進行・老化
0歳〜幼児  〜小・中学   〜成人    〜中高年     〜高齢

マス目の歪みは増加しながら、
骨格的老化を早める大きな要因です。

大なり小なり、歪みは誰にでもあるものです。
無事に発達、立位を獲得し、
自分の足で移動が出来て
自分の意思で様々な選択をしながら

人生を歩むことが出来ているなら、
必要十分に思います。

しかし、まだ立ち歩く前の段階で
マス目の歪みの影響により、
立位、歩行の獲得が困難になっている
赤ちゃんがいることがあります。

「身体の歪み」を研究するなかで「マス目の歪み」
というものの存在が、明らかになって来ました。
「マス目の歪み」の調整法を、骨格細分化調整と言います。

既存にはない独自調整法のため、
その可能性、応用範囲、適用範囲は未知であり
解明されていません。





そもそも、「不良姿勢」とは、どの様な状態で
「正しい姿勢」とは、どういう状態をいうのか?
これらの理解がない限り、
姿勢を正すというのは困難です。
場合によっては、身体の負担となる姿勢を
身につけてしまうこともあります。

日頃、皆さんが抱くこうした疑問を
解消するのに最適な書籍を作成しました。

「構造的に正しい姿勢、構造的に正しい身体の使い方」
理論編と実践編の二冊同時、
中心軸整体かアマゾンで購入出来ます。
姿勢や座り方、歩きに至るまで、
一般の方々にも分かりやすい様に
豊富なイラストで解説しました。
実際のトレーニング内容も、
自宅で行え、日常生活そのものが
トレーニングとなる内容となっています。

構造的理解を深め、
姿勢や日常所作のポイントを知る事は
健康作りの土台になります。
骨格細分化調整を受けていない方も是非ご覧下さい。

構造的に正しい姿勢 構造的に正しい身体の使い方<理論編>
hyoushi riron200

<実践編>
hyoushi jissenn200

中心軸赤ちゃん整体院のホームページはこちらへ

中心軸側湾症整体院のホームページはこちらへ

クリックお願いします
人気ブログランキングへ

三角頭蓋からクローバーリーフ頭蓋に〜頭部変形が変化していく

三角頭蓋からクローバーリーフ頭蓋に〜頭部変形が変化していく
前回記事「歩行時のふらつき 2歳Y君」の頭の形について

Y君の頭の形について、お母さんが興味深いお話をされました。
出産直後は頭頂部前側が凹んでいて上から見ると三角形だった。
凹みが目立たなくなってくると同時に、額の両サイドが膨張してきた
インターネットで赤ちゃんの頭の形を調べていたら、まるで三角頭蓋からクローバーリーフ頭蓋になったみたいだと思っていた。

以前、首の座らないMちゃんの事例で、「頭部変形が変化していく過程」をイラストにした事があります。調整により、マス目の拡張が進むと頭部変形が変化していきました。同様の様子は、他のお子さんでも多数見られています。

Y君の場合、誕生後もマス目の拡張が進み、何とか歩行まではきたものの、それ以上のマス目の拡張が進まないため、現状にとどまっている状態と考えています。

これまでの事例からも、マス目の拡張が進むことと、誕生後の発達、成長には直接的な関わりがあると確信しています。赤ちゃん、子供の場合は、本来あるべき骨格状態への成長を促し、成長期を過ぎた大人の場合は、進行していく歪みに歯止めをかけながら、本来あるべき骨格状態へ変化していきます。

以前も書きましたが、長年定期的に骨格細分化調整を継続されている方のほとんどが、加齢による姿勢の崩れが進んでいないことが、大変興味深く、観察を続けています。(ただし、内科疾患、薬、アルコール、砂糖などの過剰摂取が明らかな方は例外です)それは、あるべき骨格状態への修正、回帰を促しているかのようにも見えます。

いずれにせよ、骨という硬く重い物質で重力下に生存するヒトにとって、マス目の歪みと重力との関係性が良好なほど、無駄な緊張の少ない生活が出来る可能性が高まるのだと思います。




下の絵は、左から右へ、老化とマス目の歪みの変化
を表したイメージイラストです。
マス目の歪み進行・老化
0歳〜幼児 → 小・中学 → 成人 → 中高年 → 高齢

「身体の歪み」を研究するなかで「マス目の歪み」
というものの存在が、明らかになって来ました。
「マス目の歪み」の調整法を、骨格細分化調整と言います。

マス目の歪みは増加しながら、
骨格的老化を早める大きな要因です。

大なり小なり、歪みは誰にでもあるものです。
無事に発達しながら立位を獲得し、自由に歩けるようであれば
特に、調整は必要ありません。

しかし、まだ立ち歩く前の段階で
マス目の歪みの影響により、
立位、歩行の獲得が困難になっている場合は
調整の必要があります。




そもそも、「不良姿勢」とは、どの様な状態で
「正しい姿勢」とは、どういう状態をいうのか?
これらの理解がない限り、
姿勢を正すというのは困難です。
場合によっては、身体の負担となる姿勢を
身につけてしまうこともあります。

日頃、皆さんが抱くこうした疑問を
解消するのに最適な書籍を作成しました。

「構造的に正しい姿勢、構造的に正しい身体の使い方」
理論編と実践編の二冊同時、
中心軸整体かアマゾンで購入出来ます。
姿勢や座り方、歩きに至るまで、
一般の方々にも分かりやすい様に
豊富なイラストで解説しました。
実際のトレーニング内容も、
自宅で行え、日常生活そのものが
トレーニングとなる内容となっています。

構造的理解を深め、
姿勢や日常所作のポイントを知る事は
健康作りの土台になります。
骨格細分化調整を受けていない方も是非ご覧下さい。

構造的に正しい姿勢 構造的に正しい身体の使い方<理論編>
hyoushi riron200

<実践編>
hyoushi jissenn200

中心軸赤ちゃん整体院のホームページはこちらへ

中心軸側湾症整体院のホームページはこちらへ

クリックお願いします
人気ブログランキングへ

歩行時のふらつき 2歳 Yくん

歩行時のふらつき 
2歳 Yくん

相談内容
歩行時のふらつき、歩けるが立って生活できない
静止立位はたまにしかしない、頑張って10秒程度が限界
言葉が遅い、食が細い、むせやすい
眼球運動失行、低緊張、外反扁平足
リハビリなども受けてきたが、特に変化の様子がない

・お座りでは上体が左に傾いてしまい、頭部も左傾げ
・興味や対象物に意識が向くと、頭部が右後方に回旋、その位置で頭部が絶えず揺れている
・眼球と胴体の正面は一致したまま、頭だけが右後方に動いていってしまうので左横目で物を見ている状態になっている

調整箇所:頭部のみ
頭部変形分類:A7B1

初回調整後
・静止立位を頻繁にする様になる、
・静止立位時間も長くなった
園の先生にも「一週間で成長しましたね」と驚いた様子で言われたとの事。

初回調整直後、歩行時の上半身の反り返りが減少し、幼児らしいストンとした立位状態への変化が見られていた。

二回目調整直後は、開き過ぎていた左右の足幅が半減し、自然な脚の開き具合になっていた。歩きやすさの向上と、静止立位の安定が期待される。





下の絵は、左から右へ、老化とマス目の歪みの変化
を表したイメージイラストです。
マス目の歪み進行・老化
0歳〜幼児  〜小・中学   〜成人    〜中高年     〜高齢

マス目の歪みは増加しながら、
骨格的老化を早める大きな要因です。

大なり小なり、歪みは誰にでもあるものです。
無事に発達、立位を獲得し、
自分の足で移動が出来て
自分の意思で様々な選択をしながら

人生を歩むことが出来ているなら、
必要十分に思います。

しかし、まだ立ち歩く前の段階で
マス目の歪みの影響により、
立位、歩行の獲得が困難になっている
赤ちゃんがいることがあります。

「身体の歪み」を研究するなかで「マス目の歪み」
というものの存在が、明らかになって来ました。
「マス目の歪み」の調整法を、骨格細分化調整と言います。

既存にはない独自調整法のため、
その可能性、応用範囲、適用範囲は未知であり
解明されていません。





そもそも、「不良姿勢」とは、どの様な状態で
「正しい姿勢」とは、どういう状態をいうのか?
これらの理解がない限り、
姿勢を正すというのは困難です。
場合によっては、身体の負担となる姿勢を
身につけてしまうこともあります。

日頃、皆さんが抱くこうした疑問を
解消するのに最適な書籍を作成しました。

「構造的に正しい姿勢、構造的に正しい身体の使い方」
理論編と実践編の二冊同時、
中心軸整体かアマゾンで購入出来ます。
姿勢や座り方、歩きに至るまで、
一般の方々にも分かりやすい様に
豊富なイラストで解説しました。
実際のトレーニング内容も、
自宅で行え、日常生活そのものが
トレーニングとなる内容となっています。

構造的理解を深め、
姿勢や日常所作のポイントを知る事は
健康作りの土台になります。
骨格細分化調整を受けていない方も是非ご覧下さい。

構造的に正しい姿勢 構造的に正しい身体の使い方<理論編>
hyoushi riron200

<実践編>
hyoushi jissenn200

中心軸赤ちゃん整体院のホームページはこちらへ

中心軸側湾症整体院のホームページはこちらへ

クリックお願いします
人気ブログランキングへ