FC2ブログ

骨格細分化調整〜立つこと、歩くこと、発達と老化

骨格細分化調整〜立つこと、歩くこと、発達と老化

骨格細分化調整を受けた感想を年代別にあげてみました。
(変化の感じ方は、個人差があり、効果を保証するものではありません)

70代 Tさんご夫婦
「この調整を受けていなかったら、今頃夫婦とも車椅子だったよねっていつも夫と言ってます」
60代 Sさん
「この調整法を知らなかったら、もうとっくに歩けなくなってたと思います」
50代 Kさん
「こんなに歩きやすくなったことない、着地感がどんどん変わった」
40代 Aさん
「普通に立てるようになったので毎日が随分楽になったんです。いつも何か立ちにくいというか、立ってるだけであちこち辛かったから」
30代 Yさん
「すーっとした感じで立てるのが不思議です」
20代 Iさん
「身体が後ろにいく感じ。体重が踵にきます」
10代 Kくん
「シャキンシャキンになる!」

赤ちゃん、小さなお子さんは感想を述べられませんが、調整変化は立てない子なら、立てるようになった、歩けない子なら歩けるようになったというものです。

骨格細分化調整は本来の骨格状態へと身体が促される特徴があります。
そのため、痛みや不調というよりも、立つこと、歩くことに関する体感変化の感想を述べられる方がほとんどです。

皆さん、どこかしらの不調、不快感、痛み、辛さなどで相談に来られますが、中心軸整体では、こうしたご相談に直接的なアプローチを行うのではなく、本来の骨格状態に向かわせることにより、結果的に様々な問題が解消される施術を行っています。こうしたことから、痛み不調だけでなく、立ちにくさや、歩きにくさを感じている方ほど、体感変化が明らかなようです。

大人は「立てなくなる、歩けなくなる、自力での活動が困難になる」恐怖からの解放、
そして発達の停滞や、立つこと、歩くことが出来ない子供たちにとっては、人生の選択肢を広げる希望となる可能性を持つのが、骨格細分化調整です。

「身体の歪み」を研究するなかで「マス目の歪み」というものの存在が、臨床を繰り返し明らかになって来ました。「マス目の歪み」の調整法を、骨格細分化調整と言います。既存にはない独自調整法のため、その可能性、応用範囲、適用範囲は未知であり解明されていません。いわゆるエビデンス、科学的根拠と言われるものはありませんし、現段階では、誰もが理解、納得し、絶対的な効果を保証出来るものでもありません。ただ言えることは、この「マス目」というものは、まだ科学で証明されていないというだけで、
・それは確実に存在し、
・その存在はヒトの発達、成長に深く関与し、
・重力下における私達人類の進化にも影響を及ぼし続けているもの

である可能性が高いという事です。

私達はマス目の歪みの調整経験から、「少しでも早い段階でのマス目調整が必要な子供達がいる事」「出来るだけ早期に行う方が、より効果が期待出来るもの」と考えています。




下の絵は、左から右へ、老化とマス目の歪みの変化
を表したイメージイラストです。
マス目の歪み進行・老化
0歳〜幼児 → 小・中学 → 成人 → 中高年 → 高齢

「身体の歪み」を研究するなかで「マス目の歪み」
というものの存在が、明らかになって来ました。
「マス目の歪み」の調整法を、骨格細分化調整と言います。

マス目の歪みは増加しながら、
骨格的老化を早める大きな要因です。

大なり小なり、歪みは誰にでもあるものです。
無事に発達しながら立位を獲得し、自由に歩けるようであれば
特に、調整は必要ありません。

しかし、まだ立ち歩く前の段階で
マス目の歪みの影響により、
立位、歩行の獲得が困難になっている場合は
調整の必要があります。




そもそも、「不良姿勢」とは、どの様な状態で
「正しい姿勢」とは、どういう状態をいうのか?
これらの理解がない限り、
姿勢を正すというのは困難です。
場合によっては、身体の負担となる姿勢を
身につけてしまうこともあります。

日頃、皆さんが抱くこうした疑問を
解消するのに最適な書籍を作成しました。

「構造的に正しい姿勢、構造的に正しい身体の使い方」
理論編と実践編の二冊同時、
中心軸整体かアマゾンで購入出来ます。
姿勢や座り方、歩きに至るまで、
一般の方々にも分かりやすい様に
豊富なイラストで解説しました。
実際のトレーニング内容も、
自宅で行え、日常生活そのものが
トレーニングとなる内容となっています。

構造的理解を深め、
姿勢や日常所作のポイントを知る事は
健康作りの土台になります。
骨格細分化調整を受けていない方も是非ご覧下さい。

構造的に正しい姿勢 構造的に正しい身体の使い方<理論編>
hyoushi riron200

<実践編>
hyoushi jissenn200

中心軸赤ちゃん整体院のホームページはこちらへ

中心軸側湾症整体院のホームページはこちらへ

クリックお願いします
人気ブログランキングへ

胃の不調の原因〜チョコレート、冷たい物、腸内環境

胃の不調の原因〜チョコレート、冷たい物、腸内環境
Hさん 70代 女性

相談内容
1、全身的な痛み
2、胃が悪いのか口臭が気になる
3、脚のむくみがひどくなった

「いつも胃の調子が悪いんだけど、最近さらに悪くて脚のむくみもひどくなって」

ご本人は「心当たりなし」とのことでしたが、お話を聞いていくと、どうも転倒時に左肋骨を強打した辺りから不調が強くなってる様子。

打ったと思われる箇所の歪みを中心に、数回調整。1はほぼ解消しました。
胃の調子も通常時のレベルに戻ったとのこと。
しかし、「もともと胃が悪いのは、体質?しょうがないのかしらねぇ〜」

食生活をお聞きすると、改善の余地が多々あったので、いくつか提案。
しかし、Hさん「朝のチョコレートは脳にいいってTVで言ってましたよ〜。私ご飯は好きじゃないの、太るし食べたくないわ〜」

「・・・これは難しそうだなぁ」と思いましたが、それから一ヶ月、Hさんビックリする位しっかり実践されてきました。
・朝のチョコレート止めた
・肉魚半分にした
・ご飯、味噌汁、漬物を毎日
・冷たい飲み物のがぶ飲みを止めた(氷なし、ストロー飲み)


顔色、足取りの軽さから、来られた時、ひと目で調子が良くなってるのが、わかりました。
「口臭なくなったのよ、むくみも良くなって、服がゆるくなっちゃって(笑)」
「年寄りは肉食べないとボケるってTVで言うから、頑張って食べてたけど〜。私、ご飯、味噌汁、漬物があれば十分みたい!」

実際のところ、生活習慣や食生活のアドバイスというのは、まともに実践してくる方はあまりいません。
Hさん、想像を裏切る反応に驚かされました、本当に良かったです。




下の絵は、左から右へ、老化とマス目の歪みの変化
を表したイメージイラストです。
マス目の歪み進行・老化
0歳〜幼児 → 小・中学 → 成人 → 中高年 → 高齢

「身体の歪み」を研究するなかで「マス目の歪み」
というものの存在が、明らかになって来ました。
「マス目の歪み」の調整法を、骨格細分化調整と言います。

マス目の歪みは増加しながら、
骨格的老化を早める大きな要因です。

大なり小なり、歪みは誰にでもあるものです。
無事に発達しながら立位を獲得し、自由に歩けるようであれば
特に、調整は必要ありません。

しかし、まだ立ち歩く前の段階で
マス目の歪みの影響により、
立位、歩行の獲得が困難になっている場合は
調整の必要があります。




そもそも、「不良姿勢」とは、どの様な状態で
「正しい姿勢」とは、どういう状態をいうのか?
これらの理解がない限り、
姿勢を正すというのは困難です。
場合によっては、身体の負担となる姿勢を
身につけてしまうこともあります。

日頃、皆さんが抱くこうした疑問を
解消するのに最適な書籍を作成しました。

「構造的に正しい姿勢、構造的に正しい身体の使い方」
理論編と実践編の二冊同時、
中心軸整体かアマゾンで購入出来ます。
姿勢や座り方、歩きに至るまで、
一般の方々にも分かりやすい様に
豊富なイラストで解説しました。
実際のトレーニング内容も、
自宅で行え、日常生活そのものが
トレーニングとなる内容となっています。

構造的理解を深め、
姿勢や日常所作のポイントを知る事は
健康作りの土台になります。
骨格細分化調整を受けていない方も是非ご覧下さい。

構造的に正しい姿勢 構造的に正しい身体の使い方<理論編>
hyoushi riron200

<実践編>
hyoushi jissenn200

中心軸赤ちゃん整体院のホームページはこちらへ

中心軸側湾症整体院のホームページはこちらへ

クリックお願いします
人気ブログランキングへ

こんなに簡単に痩せてガン、アレルギーのリスクも減 その2〜菓子パン、揚げ物、通勤編〜

こんなに簡単に痩せてガン、アレルギーのリスクも減 その2
〜菓子パン、揚げ物、通勤編〜


砂糖、牛乳を止めて、肉食を減らし8キロ痩せたHさんの記事を書いていたら、60代女性Kさんのことを思い出しました。Kさんは数年前に、腰痛と膝痛で調整に来ていました。

当時、医師からも大幅な減量を指示されており、あれこれダイエットに試みるも、3日と続かず・・。幸い、腰痛と膝痛は歪みの調整でほぼ解消されました。

その後もしばらく調整を続けていたのですが、お会いするたびに「あれ?気のせい?いや気のせいじゃないな」と、明らかに身幅が狭くなっていくKさん。(身長160センチ位、体重80??数キロ)

どうしたのか尋ねると、
・朝食は菓子パンだったのを止めた(菓子パン全面禁止)
・週の半分は食べる位、唐揚げが大好き。これはやめられないので、個数を半分にした。代わりに野菜を多くした。
・たまたま職場が引っ越しになり、通勤歩数が倍増。強制的に運動量増加。

菓子パンを止めるきっかけになったのは、看護婦さんに「菓子パンは薬品の固まり、毒物よ」と言われたことがショックだったそうです。

全くその通り、いい看護婦さんに出会って良かったです。

休日にウォーキングを試みたこともありましたが、続かず・・。今回のように日々の生活の中で運動量・負荷を増やせるのが、一番です。

Kさんは月に2キロペースで体重が減り、気がついたら10キロも痩せていました。
「昔の服が着れるようになったのが嬉しくて」

どんどん笑顔が増えていったKさんでした。




下の絵は、左から右へ、老化とマス目の歪みの変化
を表したイメージイラストです。
マス目の歪み進行・老化
0歳〜幼児 → 小・中学 → 成人 → 中高年 → 高齢

「身体の歪み」を研究するなかで「マス目の歪み」
というものの存在が、明らかになって来ました。
「マス目の歪み」の調整法を、骨格細分化調整と言います。

マス目の歪みは増加しながら、
骨格的老化を早める大きな要因です。

大なり小なり、歪みは誰にでもあるものです。
無事に発達しながら立位を獲得し、自由に歩けるようであれば
特に、調整は必要ありません。

しかし、まだ立ち歩く前の段階で
マス目の歪みの影響により、
立位、歩行の獲得が困難になっている場合は
調整の必要があります。




そもそも、「不良姿勢」とは、どの様な状態で
「正しい姿勢」とは、どういう状態をいうのか?
これらの理解がない限り、
姿勢を正すというのは困難です。
場合によっては、身体の負担となる姿勢を
身につけてしまうこともあります。

日頃、皆さんが抱くこうした疑問を
解消するのに最適な書籍を作成しました。

「構造的に正しい姿勢、構造的に正しい身体の使い方」
理論編と実践編の二冊同時、
中心軸整体かアマゾンで購入出来ます。
姿勢や座り方、歩きに至るまで、
一般の方々にも分かりやすい様に
豊富なイラストで解説しました。
実際のトレーニング内容も、
自宅で行え、日常生活そのものが
トレーニングとなる内容となっています。

構造的理解を深め、
姿勢や日常所作のポイントを知る事は
健康作りの土台になります。
骨格細分化調整を受けていない方も是非ご覧下さい。

構造的に正しい姿勢 構造的に正しい身体の使い方<理論編>
hyoushi riron200

<実践編>
hyoushi jissenn200

中心軸赤ちゃん整体院のホームページはこちらへ

中心軸側湾症整体院のホームページはこちらへ

クリックお願いします
人気ブログランキングへ

こんなに簡単に痩せてガン、アレルギーのリスクも減 その1〜砂糖、牛乳、肉食編〜

こんなに簡単に痩せてガン、アレルギーのリスクも減
その1〜砂糖、牛乳、肉食編〜


長年、調整に来られているHさん。
どう見ても、10キロ位痩せたように見えたので聞いてみると、
「中心軸の掲示板に貼ってあったことをやってみたんです」

Hさんが見た掲示物というのは、花粉症やアレルギーなどが書かれたものだったのですが、

「毎朝、牛乳を入れたカフェラテを飲んでたのをやめて、日中のカフェラテもブラックコーヒーにして、肉類を少なくしました。」
他は何もせず、これだけで無理なく8キロ減。

砂糖、牛乳、肉・・。なるほど、アレルギー情報で避けたい食品に書いてありました。
実にわかりやすいお話。

ちなみに深田先生は、花粉症シーズン中、ほぼ菜食で痩せてしまったので、再びせっせと肉食中です。

私達はベジタリアンではありませんが、肉魚卵といった動物性食品の摂取量は一般の方に比べると少ない方です。
ご飯味噌汁、漬物、野菜のおかずを中心に、動物性食品は全体の1〜3割程度。(男女の違いもありますので、畑中は1割、深田先生は3割前後)

ただし、トレーニング強度を上げた時や、登山後などの消耗が激しい時は、摂取量が増えます。自然と欲するので、その時は食べますが、足りると欲しなくなります。消耗箇所を修復しているのかなと思わされます。そういう意味では、私達の体験では、肉食は太りたい時、身体を大きくしたい時にするものという感覚です。

冒頭のHさんの体験でもわかりますが、動物性食品少なめの穀物菜食を中心とした食事で太るのは難しいと思います。

糖質制限=米は太る、肉は痩せるかのような錯覚に陥ってる方が多いのですが、ここでの糖質は砂糖、果糖などを中心とした菓子、パン類、果物などのことであって、主食である米を含むのは間違いです。
血糖値を急上昇させるアルコールに関しての規制はないに等しいくらいにゆるく、主食である米、穀物を避けるので、お腹を満たすために、肉、魚の消費量は当然上がります。酒に肉、魚・・美食を満喫したい方には夢のような減量法に映るのでしょう。

また、
痩せたい、痩せないという方に多いのが、
朝食ヨーグルト、シリアル、サラダ、果物をかかさない(野菜ジュースなど含む)、
タンパク質不足にならないようにと、肉魚は毎日欠かさず。お米少なく・・。


恐ろしいほど、皆さん同じような食生活を語ります。

いかにも栄養バランスよろしくな感じですが、穀物と日本人の腸にあった発酵食品の不足、胃腸の冷えで、代謝が悪く、便秘の方がほんとに多いです。
蓄積された冷えと、乳製品、腸内環境劣化の蓄積は、ガン、生活習慣病のリスクを確実に高めます。





下の絵は、左から右へ、老化とマス目の歪みの変化
を表したイメージイラストです。
マス目の歪み進行・老化
0歳〜幼児 → 小・中学 → 成人 → 中高年 → 高齢

「身体の歪み」を研究するなかで「マス目の歪み」
というものの存在が、明らかになって来ました。
「マス目の歪み」の調整法を、骨格細分化調整と言います。

マス目の歪みは増加しながら、
骨格的老化を早める大きな要因です。

大なり小なり、歪みは誰にでもあるものです。
無事に発達しながら立位を獲得し、自由に歩けるようであれば
特に、調整は必要ありません。

しかし、まだ立ち歩く前の段階で
マス目の歪みの影響により、
立位、歩行の獲得が困難になっている場合は
調整の必要があります。




そもそも、「不良姿勢」とは、どの様な状態で
「正しい姿勢」とは、どういう状態をいうのか?
これらの理解がない限り、
姿勢を正すというのは困難です。
場合によっては、身体の負担となる姿勢を
身につけてしまうこともあります。

日頃、皆さんが抱くこうした疑問を
解消するのに最適な書籍を作成しました。

「構造的に正しい姿勢、構造的に正しい身体の使い方」
理論編と実践編の二冊同時、
中心軸整体かアマゾンで購入出来ます。
姿勢や座り方、歩きに至るまで、
一般の方々にも分かりやすい様に
豊富なイラストで解説しました。
実際のトレーニング内容も、
自宅で行え、日常生活そのものが
トレーニングとなる内容となっています。

構造的理解を深め、
姿勢や日常所作のポイントを知る事は
健康作りの土台になります。
骨格細分化調整を受けていない方も是非ご覧下さい。

構造的に正しい姿勢 構造的に正しい身体の使い方<理論編>
hyoushi riron200

<実践編>
hyoushi jissenn200

中心軸赤ちゃん整体院のホームページはこちらへ

中心軸側湾症整体院のホームページはこちらへ

クリックお願いします
人気ブログランキングへ

お腹が冷たい、便秘症  Fくん 5歳

お腹が冷たい、便秘症 
Fくん 5歳

いつもお腹が冷たい、便秘症固くて小さいコロコロうんちのFくん。

お話の内容から、腸内環境の回復が必須と思い、基本食を提案しました。

お母さん
「教えて頂いた食生活に変えてから、お腹がポッカポカになっててビックリしました!便通も毎日になって、大量、よく出るんです(笑)」

基本食というのは、ご飯、味噌汁、漬物を主体にした「戦前だったら普通の食生活のこと」です。

・調味料は塩、味噌、醤油、みりん等
 (味噌、醤油は発酵熟成させた本物をつかう)
・白砂糖、三温糖、黒砂糖は使わず、本物の「みりん」をつかう
 (発酵熟成させた「みりん」は値段が10倍程になります)
・症状が落ち着くまでは、動物性食品はお休み
・菓子類、市販のパン、加工品は食べない
・おやつはお芋や、おむすびなど
・水分補給は水かお茶



便秘の原因は様々ですが、便秘の有無に関わらず、腸内環境を良好に保ち、「お腹が温かいのが普通」の身体でいることは姿勢にも多大な影響を与えます。元気のない萎んだお腹では背骨を支えられず、歪みの原因にもなります。姿勢は骨格の歪みだけでなく、情緒、精神面に影響します。

Fくん、落ち着きも出て、人の話しを最後まで聞けることが増えたそうです。

現代の食生活がよほど子供達の心身に悪影響を与えているのか、同様の事例の多さに驚きます。
また、食生活、腸内環境の及ぼす影響の強さを知れば知るほど、親の世代にある自分達の在り方を考えさせられます。

健康な身体と落ち着いた心は、腸内環境の良好な充実したお腹が土台です。