体重の75%は踵(カカト)に乗せる






そもそも、「不良姿勢」とは、どの様な状態で
「正しい姿勢」とは、どういう状態をいうのか?
これらの理解がない限り、
姿勢を正すというのは困難です。
場合によっては、身体の負担となる姿勢を
身につけてしまうこともあります。

日頃、皆さんが抱くこうした疑問を
解消するのに最適な書籍を作成しました。

「構造的に正しい姿勢、構造的に正しい身体の使い方」
理論編と実践編の二冊同時、
中心軸整体かアマゾンで購入出来ます。
姿勢や座り方、歩きに至るまで、
一般の方々にも分かりやすい様に
豊富なイラストで解説しました。
実際のトレーニング内容も、
自宅で行え、日常生活そのものが
トレーニングとなる内容となっています。

構造的理解を深め、
姿勢や日常所作のポイントを知る事は
健康作りの土台になります。
骨格細分化調整を受けていない方も是非ご覧下さい。

構造的に正しい姿勢 構造的に正しい身体の使い方<理論編>
hyoushi riron200

<実践編>
hyoushi jissenn200

中心軸赤ちゃん整体院のホームページはこちらへ

中心軸側湾症整体院のホームページはこちらへ

クリックお願いします
人気ブログランキングへ

スポンサーサイト

側弯症と重心変化

側弯症と重心変化

下の2枚の写真は脊柱側弯症のAさんの
「重心変化」写真です。
側弯重心B   側弯重心A

左:調整前 上半身が大きく右横ズレ
右:調整8ヶ月目以降 上半身がほぼ真上に乗る

右に傾斜し続ける身体を、
常に支えていなければならず
常に慢性緊張、立っているだけでも
非常に疲れる状態でした。

常に右半身の強烈なコリ、自律神経系の様々な問題を
抱えていましたが、右写真の重心状態に変化し始めてからは
全体的に緩和されていきました。

この写真だけでは分かりづらいですが、
左:調整前、横から見ると下記イラスト様な姿勢。
反り過ぎ女子

前傾してくる上半身を「仮肋部」から反り返らせ、
何とか立っています。
Aさんの場合、歪みの影響で「こうしか立てない」
のですが、骨格本来の状態を知らない事や
姿勢の誤認識などで、わざわざこの様な
姿勢をしている方も少なくありません。

当然のことながら、側弯症と診断された方は
背骨の曲がりを気にされています。
また、そのことによる
慢性的な背部痛、腰痛などでご相談に訪れます。

当方で行う「骨格細分化調整」は医療行為ではなく、
側弯症を治療するものでもありません。
「より良く立てる身体作り」を目的に行う骨格調整です。

「より良く立つ」という事を考えた時、
欠かすことの出来ないのが「重力」です。
「重力」との関係が、どのような状態にあるのか、
調整による変化の有無を観察します。

  骨格主導の重心          筋肉主導の重心

骨格主導2    筋肉主導2

「骨格細分化調整」で考える「マス目の歪み」の
影響が大きい場合、冒頭の写真のような
「重心の変化」が見られます。(変化には個人差があります)

成長過程で、変形し、形作られた背骨の曲がりの
改善や、変化を目的にするものではなく
「重力との関わり方」の変化による
不必要な筋緊張の減少、それに伴う身体変化が期待されます。




そもそも、「不良姿勢」とは、どの様な状態で
「正しい姿勢」とは、どういう状態をいうのか?
これらの理解がない限り、
姿勢を正すというのは困難です。
場合によっては、身体の負担となる姿勢を
身につけてしまうこともあります。

日頃、皆さんが抱くこうした疑問を
解消するのに最適な書籍を作成しました。

「構造的に正しい姿勢、構造的に正しい身体の使い方」
理論編と実践編の二冊同時、
中心軸整体かアマゾンで購入出来ます。
姿勢や座り方、歩きに至るまで、
一般の方々にも分かりやすい様に
豊富なイラストで解説しました。
実際のトレーニング内容も、
自宅で行え、日常生活そのものが
トレーニングとなる内容となっています。

構造的理解を深め、
姿勢や日常所作のポイントを知る事は
健康作りの土台になります。
骨格細分化調整を受けていない方も是非ご覧下さい。

構造的に正しい姿勢 構造的に正しい身体の使い方<理論編>
hyoushi riron200

<実践編>
hyoushi jissenn200

中心軸赤ちゃん整体院のホームページはこちらへ

中心軸側湾症整体院のホームページはこちらへ

クリックお願いします
人気ブログランキングへ


重心と日常動作

重心と日常動作


 骨格主導の重心      筋肉主導の重心

骨格主導2    筋肉主導2

生理的湾曲の状態、重心感覚、
呼吸、筋肉拘束状態、姿勢の誤認識など、
様々な要因により
「ただ立つ」ということだけでも、
この様な違いとなっています。

これを土台として、何気なく手を洗う動き一つにも
明らかな違いが出てきます。


手を洗う

左は股関節、膝関節、
上体前傾を支える胴体力など
様々な機能が活かされます。
右は、関節機能はおろか、
つま先、ふくらはぎ負荷が大きく
日頃の前重心を更に強固なものとします。

自分の重心状態を知ること、
何気ない日常所作の見直しは
運動、身体作りの基本です。




そもそも、「不良姿勢」とは、どの様な状態で
「正しい姿勢」とは、どういう状態をいうのか?
これらの理解がない限り、
姿勢を正すというのは困難です。
場合によっては、身体の負担となる姿勢を
身につけてしまうこともあります。

日頃、皆さんが抱くこうした疑問を
解消するのに最適な書籍を作成しました。

「構造的に正しい姿勢、構造的に正しい身体の使い方」
理論編と実践編の二冊同時、
中心軸整体かアマゾンで購入出来ます。
姿勢や座り方、歩きに至るまで、
一般の方々にも分かりやすい様に
豊富なイラストで解説しました。
実際のトレーニング内容も、
自宅で行え、日常生活そのものが
トレーニングとなる内容となっています。

構造的理解を深め、
姿勢や日常所作のポイントを知る事は
健康作りの土台になります。
骨格細分化調整を受けていない方も是非ご覧下さい。

構造的に正しい姿勢 構造的に正しい身体の使い方<理論編>
hyoushi riron200

<実践編>
hyoushi jissenn200

中心軸赤ちゃん整体院のホームページはこちらへ

中心軸側湾症整体院のホームページはこちらへ

クリックお願いします
人気ブログランキングへ


成長と頭部の膨らみ

成長と頭部の膨らみ

夏休みに入ると普段中々来れない
遠方のお子さんの来訪が増え、
一日中、赤ちゃん、子供さんの調整が
続く日も珍しくありません。

また、久しぶりに会うと
急に大きくなってたりするので、
成長の力の凄さに驚きますが、
実際、全ての子がそうではありません。

中には、
身長の伸びや身体が大きくなっていることに対して、
頭頂部の膨らみが追いついていない子もいます。
下記は拡張のイメージ図です。

 順調に拡張       拡張が停滞     
OCT-F.jpg    1OCTF-IN-F.jpg 


      頭頂部からの図
   順調         停滞
OCT-T.jpg   1OCTF-IN-T.jpg

頭部を締め付けられているような状態になります。
また、この部分の拡張不足は、
姿勢にも多大な影響を与えます。
頭部マス目中心がずれた状態で成長・姿勢の崩れ

幼少期に「マス目の拡張不足」で
お座りや独歩に遅れがあったお子さんでも、
多くは調整以降、順調にマス目の拡張が進み、
特に問題なく成長しています。

しかし、何らかの理由で、その後の
頭部マス目拡張が伴わない子もいます。
運動面や学習面での明らかな遅れや、
どうも様子がおかしいなどの場合、
調整を再開します。

これは、立ち歩くようになるまでの発達や、
幼稚園などで特に問題のなかったお子さんでも、
成長と共に歩き方がおかしい、
筋肉が異常に硬い、
運動面でのぎこちなさ等の
不自然さとして表れてくる場合もあります。




そもそも、「不良姿勢」とは、どの様な状態で
「正しい姿勢」とは、どういう状態をいうのか?
これらの理解がない限り、
姿勢を正すというのは困難です。
場合によっては、身体の負担となる姿勢を
身につけてしまうこともあります。

日頃、皆さんが抱くこうした疑問を
解消するのに最適な書籍を作成しました。

「構造的に正しい姿勢、構造的に正しい身体の使い方」
理論編と実践編の二冊同時、
中心軸整体かアマゾンで購入出来ます。
姿勢や座り方、歩きに至るまで、
一般の方々にも分かりやすい様に
豊富なイラストで解説しました。
実際のトレーニング内容も、
自宅で行え、日常生活そのものが
トレーニングとなる内容となっています。

構造的理解を深め、
姿勢や日常所作のポイントを知る事は
健康作りの土台になります。
骨格細分化調整を受けていない方も是非ご覧下さい。

構造的に正しい姿勢 構造的に正しい身体の使い方<理論編>
hyoushi riron200

<実践編>
hyoushi jissenn200

中心軸赤ちゃん整体院のホームページはこちらへ

中心軸側湾症整体院のホームページはこちらへ

クリックお願いします
人気ブログランキングへ


股関節運動と熱中症

股関節運動と熱中症

30代女性 Aさん 

相談内容
1、左右の足の大きさ、長さが違う
 ・右足の方がワンサイズ大きい
 ・足の長さも右の方が長い気がして、歩きにくい
2、熱がこもりやすく、苦しくなる
 ・汗が出れば治るが、暑くても汗がなかなか出ず、
  冬でも熱中症になる程
3、子供の頃から体力がなく頑張りがきかない
4、右目0.7 左目0.04と極端に視力が違う
5、その他
 ・シックハウス症候群、化学物質過敏症など、
  気圧にも反応するため、日常的に不便。

事故、打撲歴、心当たりなど
・子供の頃に一年に2回くらいの頻度で何度も左足首を捻挫した
 そのため、右足ばかり使って歩いていた。
・子供の頃に一階の出窓から逆さまに落ちて大きい石に頭をぶつけた
・子供の頃、何度も転んで尾てい骨や鳩尾がしょっちゅう痛かった

初回立位
上半身大きく左横ズレ、右肩甲骨下がり
左脚が1センチ短いため、ソールで高さを出す。

初回調整後「全体にいつもより調子が良かった」
2回目調整後「寄り目が減少した感じがする」
3回目調整直後「お腹が立った感じ」
3回目調整以降は明らかな疲労度の減少と、
股関節が動きやすい感覚があるとのこと。

4回目調整後、
「歩きが変わった、股関節を使って歩いている感じがする」
「今までは膝だけで歩いていたような気がする」
「歩きやすくなった」「疲れにくくなった」
立位での上体左横ズレもかなり小さくなっており、
重心位置の変化からも、股関節運動の向上が伺える。

「今年は汗が良く出るようになって
熱がこもらず夏バテしていない事に驚いてます」

調整箇所は
肋骨、腰椎、大腿骨中心に毎回様々。

印象的だったのが、「お腹が立った感じ」以降、
一気に疲労度が減少した点です。

Aさんが感じたお腹の感覚は、
股関節が動きやすい状態に変化したのを感じた
のではないかと思いました。

人体の最大関節である股関節運動が向上したことで、
同じ生活でもより身体の奥が働きやすくなり、
発汗しやすさに繋がったと思われます。

Aさんは明らかに歪みの影響の大きい方ですが、
熱中症やアレルギーなど、
現代人の体力のなさ、ひ弱さは、
「日常生活での股関節運動の低下」
によるものが大きいと思われます。

スポーツや、ジム通いで
「身体を動かしている」
「運動している」場合でも
日常生活で股関節がまともに使われていない場合
・疲れやすく、
・運動している割に痩せない、
・効果を感じくい
などが多いです。

また、骨格細分化調整で、
明らかに歪みが減少してきても
動きが変わらない方の場合、
身体の使い方に問題があることが多々あります。

運動歴に関係なく、
おじぎや座りが出来ない方が非常に多くみられます。
そのため、書籍を通しての認識修正や、
・おじぎトレーニング
・個別の運動指導なども行っています。




そもそも、「不良姿勢」とは、どの様な状態で
「正しい姿勢」とは、どういう状態をいうのか?
これらの理解がない限り、
姿勢を正すというのは困難です。
場合によっては、身体の負担となる姿勢を
身につけてしまうこともあります。

日頃、皆さんが抱くこうした疑問を
解消するのに最適な書籍を作成しました。

「構造的に正しい姿勢、構造的に正しい身体の使い方」
理論編と実践編の二冊同時、
中心軸整体かアマゾンで購入出来ます。
姿勢や座り方、歩きに至るまで、
一般の方々にも分かりやすい様に
豊富なイラストで解説しました。
実際のトレーニング内容も、
自宅で行え、日常生活そのものが
トレーニングとなる内容となっています。

構造的理解を深め、
姿勢や日常所作のポイントを知る事は
健康作りの土台になります。
骨格細分化調整を受けていない方も是非ご覧下さい。

構造的に正しい姿勢 構造的に正しい身体の使い方<理論編>
hyoushi riron200

<実践編>
hyoushi jissenn200

中心軸赤ちゃん整体院のホームページはこちらへ

中心軸側湾症整体院のホームページはこちらへ

クリックお願いします
人気ブログランキングへ







中心軸赤ちゃん整体

ブログランキング

クリックお願いします 人気ブログランキングへ

月別アーカイブ

ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

ブログ内検索