「頭部中心ズレと姿勢、目線、印象の違い」その2〜子供の目つき

「頭部中心ズレと姿勢、目線、印象の違い」その2〜子供の目つき

前回記事
「頭部中心ズレと姿勢、目線、印象の違い」その1
で述べた目の事について、もう少し見ていきます。

まず、歪みのない通常のマス目状態の
頭部を見てみます。
頭部中心正常 
中央太い線は、横からの身体の中心ラインです。
ほぼ中央にあります。

頭部重心の安定は、そのまま姿勢に
反映されます。 

中心軸成長

次に、歪みのあるマス目状態を見てみます。
横からの身体の中心となる太いラインが前方にあります。
頭部中心ズレ

この中心ラインが前方にズレたまま、
立位、歩行へと発達していった場合の
姿勢を見てみます。

右は頭の角度を変えることで中心ラインを、
立位の中心に置き成長している状態です。
左は中心ラインが前方にズレたまま、
うつむき加減の頭の位置で成長している状態です。
軸ズレ成長
どちらの場合も、頭頂部の中心ラインに対して
目の位置90度が自然な状態とすると、
右の場合、眼球は下向きになります。
左の場合、眼球が上向きになります。

右の場合、瞼の覆いかぶさった眠そうな目や、
見下げる様な目つきと思われやすい状態になりやすく、
左の場合は、上目遣い、もしくは、睨んだような目つきと
思われやすい状態になります。

成長に伴い、社会性を身に付ける中で、
表情や印象をコントロールするようになると
分かりにくくはなりますが、そうなるまでの間は、
こうした傾向にあることがあります。

目の動き、目の筋肉は頭皮と連動しています。
自閉症、知的障害のお子さんの多くに
眼球位置と頭部中心位置との不自然さを感じてきました。
バランスを取り切れない歪みの状態が
そこに表れているようにも感じていますが、
この事に関しては、今後もっと多くの事例を
見ていく必要があります。

ただ、一つの可能性として、
こうした要因というものを
知って頂くことで、子供さんとの関わりでの
誤解が少なくなると良いなと思っています。




そもそも、「不良姿勢」とは、どの様な状態で
「正しい姿勢」とは、どういう状態をいうのか?
これらの理解がない限り、
姿勢を正すというのは困難です。
場合によっては、身体の負担となる姿勢を
身につけてしまうこともあります。

日頃、皆さんが抱くこうした疑問を
解消するのに最適な書籍を作成しました。

「構造的に正しい姿勢、構造的に正しい身体の使い方」
理論編と実践編の二冊同時、
中心軸整体かアマゾンで購入出来ます。
姿勢や座り方、歩きに至るまで、
一般の方々にも分かりやすい様に
豊富なイラストで解説しました。
実際のトレーニング内容も、
自宅で行え、日常生活そのものが
トレーニングとなる内容となっています。

構造的理解を深め、
姿勢や日常所作のポイントを知る事は
健康作りの土台になります。
骨格細分化調整を受けていない方も是非ご覧下さい。

構造的に正しい姿勢 構造的に正しい身体の使い方<理論編>
hyoushi riron200

<実践編>
hyoushi jissenn200

中心軸赤ちゃん整体院のホームページはこちらへ

中心軸側湾症整体院のホームページはこちらへ

クリックお願いします
人気ブログランキングへ


スポンサーサイト

「頭部中心ズレと姿勢、目線、印象の違い」 その1

「頭部中心ズレと姿勢、目線、印象の違い」その1

下の二人のイラストは、
頭部中心ズレという歪みに対し、
それぞれに対応した結果、生じている姿勢状態
です。

軸ズレ成長

左は頭部前出、骨盤後傾タイプ
右は顎上がり、骨盤前傾タイプ

大きく分けると大体、両者に分かれますが、
右の場合、座位姿勢では、左の状態になります。
これは、構造的にそうならざるをえない理由が
あるのですが、長くなるのでここでは省略します。
*詳細は
構造的に正しい姿勢 構造的に正しい身体の使い方 理論編
をご覧下さい。

右の骨盤前傾、全体的な反り返りタイプは
身体の柔らかい女性に多いのですが、
まだ男女の性差の少ない成長期では
男女ともに右タイプが多く見られます。
男性の場合、身体がしっかりしてくると
背骨を反らすことが難しくなり、
左姿勢の方向が定着してくることがほとんどです。

しかし、近年、社会背景の変化からか
動作においての男女の違いが少なくなったせいなのか、
男性でも、右タイプが増えています。

この二つのタイプ、単純に、その印象から
左は「元気がない、話しを聞いていない、
やる気がない」と思われやすく、
右は「活発で話しを聞いている、やる気がある」
と、思われる傾向にあります。

実際、本当にそういう時もあるとは思いますが、
冒頭に書いた、
頭部中心ズレという歪みに対し、
それぞれに対応した結果、
生じている姿勢状態
が、

本人的には、
普通にしているつもりでも
周囲には違った写り方となっている

ことがあります。

赤ちゃん、子供達の調整をしていると
調整直後の笑みがこぼれる様子、
見開いた目、生き生きしたその表情から
本人にも分からないだけで、
実際はかなりしんどい状態だったんだなぁ
と思うことがよくあります。

また、左のうつむき加減な子の場合、
目を合わせようとしたり、
真剣な眼差しをすると、上目使いになる
その角度から「睨んでいる」
と誤解される
事があります。

右の顎上がりの子の場合、
明るく素直な印象にありますが、
顎上がりと下目線で筋肉が定着してくると
大きくなってきた時、
見下したような印象
となっていく事があります。

どちらにせよ、目の動き、筋肉の偏りが
生じやすい状態です。

そこに、各自の生活環境、
心身共に過ごしてきた活動内容による
違いが現状の姿、形、動きなどとなっています。

頭部中心のズレのない姿勢

中心軸成長

頭部中心ズレを少なくしながら
成長を促す方法

骨格細分化調整法です。




そもそも、「不良姿勢」とは、どの様な状態で
「正しい姿勢」とは、どういう状態をいうのか?
これらの理解がない限り、
姿勢を正すというのは困難です。
場合によっては、身体の負担となる姿勢を
身につけてしまうこともあります。

日頃、皆さんが抱くこうした疑問を
解消するのに最適な書籍を作成しました。

「構造的に正しい姿勢、構造的に正しい身体の使い方」
理論編と実践編の二冊同時、
中心軸整体かアマゾンで購入出来ます。
姿勢や座り方、歩きに至るまで、
一般の方々にも分かりやすい様に
豊富なイラストで解説しました。
実際のトレーニング内容も、
自宅で行え、日常生活そのものが
トレーニングとなる内容となっています。

構造的理解を深め、
姿勢や日常所作のポイントを知る事は
健康作りの土台になります。
骨格細分化調整を受けていない方も是非ご覧下さい。

構造的に正しい姿勢 構造的に正しい身体の使い方<理論編>
hyoushi riron200

<実践編>
hyoushi jissenn200

中心軸赤ちゃん整体院のホームページはこちらへ

中心軸側湾症整体院のホームページはこちらへ

クリックお願いします
人気ブログランキングへ


歩けない 1歳5ヶ月 Rちゃん

歩けない 1歳5ヶ月 Rちゃん

相談内容
・伝い歩きが少し出来る位で、一人で歩けない
・物につかまってなら立ち上がれるが、
 何もないと立ち上がれない
・手押し車の様なおもちゃでの移動も、
 歩き方が明らかにおかしい

ご自宅で撮影したRちゃんの
動画を見せてもらうと、
・右脚関節の屈曲が使えず、
 脚全体を棒状のまま、振り回すような動き
・右脚関節の屈曲が出来ない事で、つっかえ棒のような
 状態になり、結果、左脚を引きずるような歩き
・腰がグニャグニャで動き全体が脆く不安定
・上半身が下半身の上に垂直の乗らず、前傾状態

発達経過でもずり這いはせず、ハイハイに移行、
その頃も右脚の動きが変だったとの事。

頭部変形分類A3
他、全体に丸く膨らみはあるが、
右後方の圧迫と右耳下がり、耳の位置の左右差

座位では背骨が立たず、
腰椎左横ズレ、側弯状態、
左背の筋緊張が高い。

調整後
上記、いずれも半減。

調整前半は大泣き、
後半は落ち着いた様子でニコニコ調整を受けていた。

その後
・何もつかまらずに立ち上がれる
・静止立位も何もつかまらず維持出来る
・家の中を12、3歩歩ける様になった

多くのお子さんが、数回かけて、少しずつ
立てる、歩ける方向に変化していきます。
しかし、肉体の発達具合や、マス目の歪みの状態などに
よっては、一度の調整で歩けるようになるお子さんもいます。

マス目の歪み自体は内在しているものなので、
外見上から「こういう状態なら、何回で歩ける」
とお伝え出来るものではありません。

ただ、過去の事例から
・頭部の膨らみと
・運動面、肉体面ともに発達全体に大きな遅れ、停滞がない
程、少ない回数で歩けるようになる傾向にあります。







そもそも、「不良姿勢」とは、どの様な状態で
「正しい姿勢」とは、どういう状態をいうのか?
これらの理解がない限り、
姿勢を正すというのは困難です。
場合によっては、身体の負担となる姿勢を
身につけてしまうこともあります。

日頃、皆さんが抱くこうした疑問を
解消するのに最適な書籍を作成しました。

「構造的に正しい姿勢、構造的に正しい身体の使い方」
理論編と実践編の二冊同時、
中心軸整体かアマゾンで購入出来ます。
姿勢や座り方、歩きに至るまで、
一般の方々にも分かりやすい様に
豊富なイラストで解説しました。
実際のトレーニング内容も、
自宅で行え、日常生活そのものが
トレーニングとなる内容となっています。

構造的理解を深め、
姿勢や日常所作のポイントを知る事は
健康作りの土台になります。
骨格細分化調整を受けていない方も是非ご覧下さい。

構造的に正しい姿勢 構造的に正しい身体の使い方<理論編>
hyoushi riron200

<実践編>
hyoushi jissenn200

中心軸赤ちゃん整体院のホームページはこちらへ

中心軸側湾症整体院のホームページはこちらへ

クリックお願いします
人気ブログランキングへ


全身の筋肉が硬い、前重心、年々姿勢が悪くなってきている

全身の筋肉が硬い、前重心、年々姿勢が悪くなってきている

40代男性 Nさん 

もともと筋肉が硬い方だったが、
年々、硬さが増している。
姿勢がどんどん悪くなってる事を
奥様が心配し、調整開始。

初回調整前  3回後    8回後
重心と股関節位置

・青いラインは踝からの垂直ライン(重心線)
・赤丸は下から踝、股関節、肩関節
・それぞれをつないだ赤ラインは耳の穴を通過

左、初回調整前
頭部、股関節の前方ズレで重心が前にある。
中央、右の写真では
頭部、股間節共に青の重心ラインに
近づいている。
リラックスして立てていること
分かるでしょうか?
Nさん、全身的に緊張緩和感と、
奥様の反応に上々な様子でした。

こうしてラインを入れて見てみると
重力に対して自分がどの様な状態にあるのかが
分かります。

しかし、左の写真を何のラインもなしで
みた場合、一般の方からすると
「頭が前に出てる」
「ちょっとお腹が出てる」
のが気になる程度で、
何がどう問題なのか明確に答えられる方は
ほとんどいないと思います。

青いラインの重心線
赤いラインの身体軸が一致する程、
骨格主導の立位状態となり、
不要な筋緊張が減少します。

青赤2つのラインの不一致は
重心の不安定さを意味し、
不安定さを補うために、
股関節の前方位を中心に全身拘束による
立位維持を通常モードとしていきます。

年々筋肉の硬さが強くなり、
骨格的老化の進行が促進されるため、
冒頭の状態、ご相談内容となるのも
理解出来ます。

前重心、股関節位置の不適切による脚筋肉の偏りは
年々大きくなります。

裏なし老化 女 60代女性、Sさん
年々太ももの後ろ側は痩せ細っていくので
お尻の筋肉は下がり、典型的老化骨格である
骨盤後傾に向かいます。

今回記事のNさん、上記写真のSさん、
前回記事のUさん、皆さん同じ理由で
骨格的老化が進行しています。
裏なし老化 男 

それは前重心です。

静止立位だと骨盤後傾と踵重心の後ろ重心に見える
方もいます。(説明すると長くなるので、ここでは省きます)
しかし、動作時は前重心の場合と同様な
状態になるため、どちらにせよ、脚の筋肉のアンバランス
(前横の過緊張、後ろ内の緊張低下)が起きます。

色々言われても、言葉では分かりにくいと思いますので、
その脚の筋肉状態が骨格的にはどのようなことに
なるのかを見てみましょう。
右から左へ見て下さい。
裏なし老化 骨格  重心と股関節位置  本来の立位
老化骨格                  本来の骨格立位


筋肉の硬さ、不良姿勢、老化・・
重心、重心線、身体軸・・
何となくでも理解に繋がるといいのですが。

こんな小さい時から、構造的に不利な
立位姿勢が始まっています。
子供前重心 女

構造的に正しい姿勢の理解、
正しい姿勢教育が必要です。




そもそも、「不良姿勢」とは、どの様な状態で
「正しい姿勢」とは、どういう状態をいうのか?
これらの理解がない限り、
姿勢を正すというのは困難です。
場合によっては、身体の負担となる姿勢を
身につけてしまうこともあります。

日頃、皆さんが抱くこうした疑問を
解消するのに最適な書籍を作成しました。

「構造的に正しい姿勢、構造的に正しい身体の使い方」
理論編と実践編の二冊同時、
中心軸整体かアマゾンで購入出来ます。
姿勢や座り方、歩きに至るまで、
一般の方々にも分かりやすい様に
豊富なイラストで解説しました。
実際のトレーニング内容も、
自宅で行え、日常生活そのものが
トレーニングとなる内容となっています。

構造的理解を深め、
姿勢や日常所作のポイントを知る事は
健康作りの土台になります。
骨格細分化調整を受けていない方も是非ご覧下さい。

構造的に正しい姿勢 構造的に正しい身体の使い方<理論編>
hyoushi riron200

<実践編>
hyoushi jissenn200

中心軸赤ちゃん整体院のホームページはこちらへ

中心軸側湾症整体院のホームページはこちらへ

クリックお願いします
人気ブログランキングへ


肩甲骨の間の違和感〜姿勢の誤認識という原因〜

肩甲骨の間の違和感〜姿勢の誤認識という原因

「随分前から肩甲骨の間に何か
違和感があって、いつも気になってたんだけど、
最近痺れも出てきてさ。
病院行ったし、検査も受けたけど、
異常ないっていうんだよね。
でも、ジワジワーっときてさ、何か気味悪いから」

Uさん 立位
裏なし老化 男
赤いラインは身体軸です。
身体軸とは、身体の形状に合わせた軸のことを言います。
理論編 P55をご参照下さい。

これくらいの立ち姿だと、
「わりと姿勢がいいのでは」と思われる方も
結構多いのではないでしょうか。

Uさんの骨格状態を見てみましょう。
裏なし老化 骨格

次に骨格本来の重心で立ててる状態を。
本来の立位

並べてみます。
裏なし老化 男  裏なし老化 骨格  本来の立位

右、本来の骨格状態と比べると、
「どうやら問題がありそうだ」
と感じて頂けるでしょうか。

右、本来の骨格状態と比べると、
Uさんの立位姿勢は、
・股関節の前方位と
・上半身の反り返り
が大きな違いである事が分かります。

前側、後ろ側から見ると、
肩を引いて胸を張っている状態に
なっているのですが、
本来は後湾することになっている背骨が
反り返っている所へ、
肩甲骨を中央に寄せる状態
になっています。

ご相談内容の
肩甲骨の間の違和感は
あって当然
の状態です。

実際、Uさんのような身体の置き方を
している方は非常に多く、
慢性的な僧帽筋の短縮緊張を蓄積していきます。
これは、老化姿勢への典型的なルートです。
(P134 第一節 不良姿勢により肩・背中が固まり、
腕を自由に動かせなくなっている (1)僧帽筋拘束)
(P114 第三節 「フラット腰椎」が
悪化し続けた先にある「高齢者姿勢」)

構造的に間違った姿勢を続けてきた結果
なのですが、ご本人からすれば
これが普通の状態で、筋肉もそのように
使われ、定着しているため、
頭の理解と肉体の理解が一致せず、
説明を受けても中々、納得出来ない事も多くあります。

身体を本来の状態に置き直しても
・違和感が強すぎたり、
高齢になる程、
・そもそも本来の状態に置き直す事も、困難
なことがほとんどです。
若い方でも、
・身体を固める結果となってる筋トレ
の継続をしている方も同様の傾向にあります。

まだ筋肉が固まっていない子供のうちに
構造的に正しい姿勢、
構造的に正しい動きの理解を進めることが
最も効果的です。

こんな小さい時から、構造的に不利な
立位姿勢が始まっています。
子供前重心 女

構造的に正しい姿勢の理解、
正しい姿勢教育が必要です。







そもそも、「不良姿勢」とは、どの様な状態で
「正しい姿勢」とは、どういう状態をいうのか?
これらの理解がない限り、
姿勢を正すというのは困難です。
場合によっては、身体の負担となる姿勢を
身につけてしまうこともあります。

日頃、皆さんが抱くこうした疑問を
解消するのに最適な書籍を作成しました。

「構造的に正しい姿勢、構造的に正しい身体の使い方」
理論編と実践編の二冊同時、
中心軸整体かアマゾンで購入出来ます。
姿勢や座り方、歩きに至るまで、
一般の方々にも分かりやすい様に
豊富なイラストで解説しました。
実際のトレーニング内容も、
自宅で行え、日常生活そのものが
トレーニングとなる内容となっています。

構造的理解を深め、
姿勢や日常所作のポイントを知る事は
健康作りの土台になります。
骨格細分化調整を受けていない方も是非ご覧下さい。

構造的に正しい姿勢 構造的に正しい身体の使い方<理論編>
hyoushi riron200

<実践編>
hyoushi jissenn200

中心軸赤ちゃん整体院のホームページはこちらへ

中心軸側湾症整体院のホームページはこちらへ

クリックお願いします
人気ブログランキングへ


発達と歪み研究所

カテゴリー

最近の記事

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

FC2カウンター

中心軸赤ちゃん整体

ブログランキング

クリックお願いします 人気ブログランキングへ

月別アーカイブ

ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

ブログ内検索