category: 冷え  1/1

遅い夕食と冷え

No image

22時過ぎの飲食について。私の場合は、たいてい翌日、腹部の膨満感、喉のつかえ感、下腹の張りといった内臓疲労から、冷えとムクミがヒドくなります。消化の為に体幹部に多くの血液が集められ、末端まで行き渡らなくなるそうです。先日冷え対策に足湯を書きましたが、このような場合は足湯はしません。消化を助ける事が大切なので、腹部の温めとマッサージをします。プラス血行を良くして内部を温める為に、梅醤番茶を飲みます。...

  •  0
  •  0

故障の原因・冷え

No image

痛み・故障のきっかけで多いのが、これまた「冷え」です。特にこれからの季節、汗をかいたまま冷房にあたる、外の気温が上がる程、家やお店など室内はエアコンで室温が低くなり、その寒暖の差だけでも体にとっては大きくストレスがかかります。歪みや、過度な運動からの筋肉疲労が蓄積された状態で、冷房の直撃などで、皮膚に急激な収縮が起こると、ただでさえ余裕のない体に衝撃が入ります。夏場これでギックリ腰になる方が多数い...

  •  0
  •  0

足湯

No image

ここ数日、気温がぐっと下がった影響か,、寝起きに足が冷えてます。下半身の冷えが強いと、熱が頭に登り、頭がぼーっとしたり、気が焦りやすくなります。施療に集中出来なくなる為、今朝は久々に足湯をしました。私の足湯は「お手軽・簡単・速攻足湯」です。リラクゼーション施設のような、優しい温度でゆったりジックリ温めるタイプのものではなく、数分で皮膚表面の温度を上げて「熱刺激」で血液を集める方法です。洗い桶などに...

  •  0
  •  0