archive: 2008年01月  1/1

風邪と肩こり

No image

寒さのせいか風邪を引いてる方が多くなりました。まずは充分な睡眠とうがいが必須です。食事については、内臓の負担を減らす為に消化の良い温かい物をお取り下さい。食べ過ぎは肩こりや背中の張り、腰痛の原因になります。そして、肩こり背中の緊張も風邪の一因になりますので、これらの緊張を緩める必要があります。上記しました様に内臓の負担からの緊張に気をつける事、肩こりは腕の使い過ぎでも起こります。肩コリを揉みほぐす...

  •  0
  •  0

歪んでいたら整体すべきか?

No image

皆さん、歪んでいるよりは歪んでいない体の方がいいとお考えだと思います。確かにそうですしかし、歪んでいるからと言って、みんながみんな必ず不調箇所があるとも限らないのが事実です。歪み同士が絶妙なバランスを取り合っていて、体にとっては差し支えない環境にある場合があるようです。また、筋肉を締め付けるような運動や、姿勢を矯正するような運動をしていない方も、「どう見ても歪んでいるのに、どこもなんともないという...

  •  0
  •  0

喘息

No image

最近、咳きが止まらない方や喘息の方が続いています。病院の検査でも原因がわからなかったり、やむなく咳き止め薬を使用してるものの、だんだん効かなくなってきたなど、とても不安な状況でいらっしゃいます。原因については現時点では何とも言えません。結果を見て初めて原因がわかります。しかし、今回は、どういう訳か皆さん同じ歪みが出ます。股関節の歪みです。体の中心のねじれは全身様々な所への影響が考えられますが、対応...

  •  0
  •  0

何度も聞く理由

No image

私は今の仕事に関わる前、後々先輩になる治療家の方に「腰は何回で治りますか?」「肩は何回で治りますか?」と聞き、その度に「日常生活や体の状態によって、原因は人それぞれ回数は決められるものではないよ」と言われてました。今思うと本当そうだよなぁと実に納得です。しかし、当時の私は本当に何も知らなかったようで同じ事を何度も何度も聞いては同じ回答を頂いてました。その場では「は~そうですか」と言うものの、実際の...

  •  0
  •  0

症例追加・ご協力有難う御座います。

No image

症例を追加しました。様々な症状でお困りの方の、希望になれる様なHPにしていきたいと思います。施療結果に一喜一憂する毎日に変わりはないのですが、「もう辞めたい」と思う気持ちは、起こらなくなりました。お恥ずかしい話ですが、以前の私は100人の患者さんを診た時、100人みんなが良くならなかったら、自分の存在価値はないと思う自分がいました。今から考えると、本当にこの世界の実情を知らないからこそ出てくる発想で...

  •  0
  •  0

膝・腸さまさまです。

No image

以前も書きましたが、ほとんどの人が右下がりです。肩は左下がりでも肋骨は右下がりで、心臓を守るかの様に左に回転がかかっています。股関節を中心として、全体がその様な動きで歪んでいるので、中心付近の大腿骨や肋骨はほとんど皆同じ動きをします。しかし、膝から下の歪み方は実に様々です。上記と同様な動きもあれば、全く逆の動き(歪み方)をしている事もあります。また様々な動きのミックスされた場合もあります。膝関節で絶...

  •  0
  •  0

スノーボードの直接打撃

No image

今の時期に多いのが、スキー、スノーボードによる転倒、直接打撃からの症状です。今日は腸骨直打の患者さんでした。スノーボードで転倒してから、ずっと右腰が痛い。見ると、たった2ピースですが歪んでいます。4分ずつ調整して立って痛くと「治ってる…」。骨格細分化冥利につきる瞬間です。毎日こんな調子で行ったら、互いにハッピーだろうなぁと。しかし、そうそう美味しい話しばかりではないのが、現実で…。スパンスパン結果が...

  •  0
  •  0

西原 克成

No image

当院では骨格細分化調整のみの施療を行っておりますが、日常生活のアドバイスには西原克成先生の本をお薦めしています。人類は重力が進化させたと考える先生です。私達も骨格細分化調整を研究する中で同じ考えに至り、重力との関係をベースにしてきたので、健康でいる為に何をどうするかの方向が同じなのです。いくら文明が発達し、人類が進化していたとしても、私達が哺乳類の一員である事に変わりはありません。冷たい物のとりす...

  •  0
  •  0

整体学校初日

No image

今日から中心軸整体学校が始まりました。初めに簡単な自己紹介と、参加動機をお話し頂きました。皆さん、ご家族の不調や、困ってる方の力になりたいというのが共通したものでした。不思議ですが、誰かの為に行動する時って、自分の為に行動する時よりエネルギーが湧くと感じます。相手が良くて良かった、相手の喜びが自分の喜びというのが、人間の根底にはあると聞いています。根底の想いに触れる機会に出会えるなんて、私って本当...

  •  0
  •  0

温熱療法

No image

先日、朝から喉が痛いなと思っていて、夕方鏡を見たら、喉が真っ赤にただれていました。扁桃腺付近も腫れそうな勢いで、さすがに晩酌は止めて早寝しました。しかし、翌朝全然変化がなく少々焦りました。禁酒して早寝をすると大抵治る方向へ向かいます。しかし今回はそんな雰囲気ゼロ。これからが盛りとばかりに喉に口内炎まで出来てる…。思えば昨年暮れの引っ越しから始まり、溜めに溜めた事務作業や確定申告を、年末年始に気合い...

  •  3
  •  0

尾骨痛と骨盤の歪み

No image

「お尻の骨が痛い」という方がいます。尻もちなど転倒で、尾骨そのものが歪んでる場合、そこを整えると痛みがなくなる事が多いです。しかし、尾骨そのものに異常が見られない場合もあります。たいてい、でんぶの筋肉がとても緊張しているか、異常に緩んでいたりします。その緊張や弛緩を整える事で、肛門周辺の環境が変化し改善してきます。原因として、仙骨や股関節の歪みからのものが多いです。よくいう骨盤の歪みも、骨盤だけが...

  •  0
  •  0

締め付けにご注意下さい。

No image

脚冷え対策に膝下位までの長い靴下やレッグウォーマーを履いてる方がいます。最近はゲルマニウム入りや、保温性の高い素材なども出回っていて、私も使用した感想は、確かに温かさを感じました。材質や、膝下を温める事は問題ないのですが、一つだけご注意頂きたい事があります。それは、「締め付け」です。ちょうど膝上や膝下までの長さの物の場合、関節付近を輪ゴムで、長時間締め付けてるようなものです。血流が悪くなるので、疲...

  •  0
  •  0

ぎっくり腰と股関節

No image

激しい腰痛と言えば、ギックリ腰を浮かべます。他にも、座骨神経痛や、ヘルニアなど、この種の腰痛は起き上がるのも困難な為、精神的にも負担が大きいものだと思います。原因は様々ですが、当院ではかなり多くの方が、股関節の歪みが原因となっています。大腿骨の付け根の歪みの影響で骨盤全体が大きくねじれてしまうようです。当然付随する筋肉もねじれる訳ですが、収縮に限界がある為、常に緊張状態になりやすく、結果様々な症状...

  •  0
  •  0

捻れの理由

No image

赤ちゃんからお年寄りまで、ほとんど皆さんが左回転にねじれを持っています。以前書いた右下がりもそうですがほとんど皆さんそのようになっています。左に位置する心臓をかばう為、地球の自転の為、右利き説など色々言われています。実際の所はどうなのかわかりませんが、私達の細胞と同じように私達の体も螺旋なようです。...

  •  0
  •  0

側湾症・当院の考え方

No image

当院で多い症状の一つに側湾症があります。病院で診断されて来る方もいれば、ご本人の自覚として「背骨が曲がってる感じがする」と言われてお見えになる事もあります。背骨自体の湾曲がなくても、上半身と下半身の位置が前後左右にズレてる方も非常に多いです。肩腰膝と、側湾症での来院でなくても9割方大なり小なり上記した様な前後左右ズレがあります。調整が進むと中心軸が形成されてくるので、ほとんどの方が左右ズレが整って...

  •  0
  •  0

直接打撃と多重構造

No image

痛みの箇所そのものが歪んでる事もあります。特に打撲や転倒などで打った直後は特にその傾向が強いです。打ったら必ず歪むとは限らないのですが、歪んだ場合に、そこをかばってさらに他が歪む事が考えられます。一カ所が歪むと立ちにくくなるのか、バランスを取ろうとしてどこかに無理を生じさせていくようです。体がバランスを取って歪みが多重構造化する前に調整出来るとベストだと思います。...

  •  0
  •  0

痛みと調整箇所

No image

右足が痛いのに左足の調整をする事があります。骨格細分化調整では、自分でここを治そうとか狙いに行く治療は出来ません。体からの情報を読み取って、提示された通りに進めるだけです。痛みは、必ずそこに原因があるとは限りません。他に原因があって結果として痛みのある箇所に筋肉的に負担がかかっておきてる場合もあります。細分化調整によって、左右バランスが整って、中心軸が形成されてくると筋肉的に負担の片寄りが薄くなっ...

  •  0
  •  0

右肩下がり

No image

患者さんのほとんどが右半顔、右半身が下がっています。左下がりの方は少数派です。実際の所、左下がりの方も立ってる時は左下がりでも、仰向けやうつ伏せで立ってバランスをとる必要がなくなると右下がりに変化する事もあります。体は立つ為に絶妙にバランスを取ってるようです。どうして右下がりなのかについては、諸説あります。自転説、心臓が左にあるから説、右利き説・・・。いつか骨格細分化調整をどこかの科学者が研究して...

  •  0
  •  0

新年・HPリニューアル

No image

新年おめでとうございます!皆さんお正月はいかがお過ごしでしたか?私は年末年始、溜めに溜めた事務作業に明け暮れてました。今日は久々に人と話す感じがして朝から物凄く緊張してました。夏休み明けの学校とか、休み明けの出勤とかって昔から異様に緊張するたちなんです。始まってしまえば、やっぱり楽しかったです!HPも昨晩リニューアルしたばかりです。まだまだ細かい箇所が未完成なのと、内容についても途上です。症例やお薦...

  •  0
  •  0