archive: 2008年06月  1/1

爆睡しました。

No image

昨日は異常に疲れていて、仕事が終わると、そのまま爆睡してしまいました。21時から翌8時まで。12時間近く眠り続けた甲斐あって?今朝はすっきり快調。時々あります。患者さんには疲れを溜めないよう言っておきならがらも、自分の疲れはギリギリまで気付けなく、急に限界がきて倒れるように眠ります。今朝は久々に、すっきり体も軽く目覚めました。そして思うのが、「あ~そういえばここんとこ目覚めてもすっきり感なく朝から疲れ...

  •  0
  •  0

お宝探し

No image

毎日、毎日様々な歪みに出会います。明らかに「これっ」とハッキリ現われている方もいれば非常に複雑でとてもわかりにくい方もいます。あらゆる角度から、何度も何度も検証して、納得いくまでとことん探します。探し抜いた末に、「これだ!」という歪みを見つけた時は、お宝発見とでもいうのでしょうか、なんかもうむちゃくちゃいいもの見つけた気分になります。大事にしまっとこうかとか、愛おしさすら感じたりして、やや変態です...

  •  0
  •  0

側湾症モニター経過報告・特徴

No image

脊柱側湾症のモニター施療をさせて頂いていて、いくつかの特徴が見られます。まず、骨盤全体の歪みが大きい事。そして、確かに背骨に湾曲があるのですが、歪んでるなりに骨盤でバランスを取って立っているので、それなりに中心がとれています。逆に言うと、骨盤なり背骨なりのどこかを歪めてバランスをとらないと立てない、立つ為に歪めているのではないかと思います。調整で背骨の湾曲が緩くなると、バランスの変化により、骨盤の...

  •  0
  •  0

全身のねじれと、末端の症状

No image

左手薬指がシビレる患者さんと、両足親指付け根が痛む患者さんがお見えになりました。いずれも患部に異常は見られませんでした。お一人は座骨と大腿骨頭の調整。もう一人は大腿骨頭と仙骨の調整。体からの提示通り進めました。終了後チェックでお二方共、余韻がわずかにあるかな程度で、症状はほぼなくなりました。末端の症状でよくあるパターンですが、体の中心部がねじれたようになっていると、末端の組織が締め上げられて余裕が...

  •  0
  •  0

様々な調整箇所

No image

最近、右股関節痛の方が続いています。不思議ですが、同じ症状の患者さんが何人も続く時があります。しかし、調整箇所は様々で右股関節そのもののを調整した方、膝の調整をした方、仙骨・腸骨の方、右だったり左だったり。頭部の触診から調整箇所を探して行く為、迷いはありませんが、一つ一つ調整しながら変化する体を見ては日々感心します。複雑にこんがらがった糸を一本一本ほどいてるのか、キツキツな体がふわぁ~っと広がって...

  •  0
  •  0

内臓疲労とコリ、寝相

No image

先日、右手小指から右脇の下にかけて、だるさと痺れがありました。筋肉的にいじってみてもとれず、原因を考えてみました。昨日おとといと、夕食が外食になってしまい、油物が多かった事位しか思い当たりませんでした。以前から油物を取りすぎた翌日に、右脇腹が詰まる感じがあったので、右あばら下から脇腹までを揉みさすり、暖めてみました。左と比べて明らかに張っていて、ほんの2、3分緩めただけでしたが、右腕の痺れは消えてし...

  •  0
  •  0

痛みの回復と運動の再開

No image

痛みの回復と運動の再開について。調整で故障箇所が整って痛みがなくなってくると、心も体も軽くなって我慢してた分を取り戻そう、休んでた分の遅れを取り戻そうと、いきなり激しく動いたり、やりすぎたりする方がいます。骨格のバランスが整って、痛みがなくなったように感じても、組織のダメージによっては、本当に回復するには、数ヶ月から一年以上かかる事もあります。また、運動を休んでいた間に筋力も低下しますので、急に以...

  •  0
  •  0

骨盤矯正について

No image

先日本屋さんに行って驚きました。骨盤矯正の本の多い事。あまりに多すぎて、しかもそれぞれ実に様々な見解で読者はどの様に判断するのだろうか?そちらの方が興味しんしんでした。事実、骨盤に歪みがあったとして、それが様々なタイプに分類されたとしても、原因がどこにあるのか?そうそうわかるものでもありません。必要があって歪んでいる事もあるので、調整にしても全身のバランスをみながら、体に無理のないように進めていく...

  •  0
  •  0

横隔膜呼吸の 「目的」と「注意」

No image

以前何度か書きました横隔膜呼吸の「目的」と「注意」について書きます。下半身が歪んで重心が下がると、骨盤が開きやすくなり、内臓が下垂しやすく、下腹がポコンと出た状態になりやすくなります。重みが下に下がると上半身が痩せて胸部がえぐれた様にしぼんでみえる方もいます。猫背にも影響します。骨格調整で土台である下半身を整えながら、横隔膜呼吸をして頂く事で肋骨を内側から広げ、固まった胸部全体のストレッチと、膨ら...

  •  6
  •  0

HPリニューアルのお知らせ。

No image

お知らせです。先日、側湾症整体院のTOPページを更新しました。モニター様の経過がわかるよう写真を並べてみました。ぜひご覧下さい。側湾症以外にも、様々な症例があり、骨格細分化調整の可能性は、これからも広がっていくと思います。遠方・他県からの施療の要請も増えており、骨格細分化調整師の必要性は、これから益々高まっていく事と思います。中心軸整体学校のHPの更新も中々出来ずにいましたが、こちらも内容を見直し、新...

  •  0
  •  0

皿洗いと背中のハリ

No image

キッチンで洗い物をしてる時、シンクにお腹や恥骨が当たっていませんか?(お腹が出てると言う意味じゃありませんよ。)前重心でシンクに寄りかかっていませんか?と言う意味です。前傾姿勢で手元の作業を続けると、背中が丸まりやすくなり、胸も狭くなります。肘から下、もしくはほとんど手首だけが使われ、首も前に突き出てるか重~く垂れる形になりやすくなります。背中の筋肉に意識がいかない体勢です。結果的に頭や腕の重みで...

  •  0
  •  0

骨格細分化調整の特徴

No image

整体とは全身バランスを整える事によって、体の回復環境のサポートをする行為と考えています。様々な整体がありますが、整体の難しい所は、技術の習得ではなく、「正確な観察と判断」だと思います。患者さんの全身状態を把握し、どうバランスをとる事でより快適に近づける事が出来るか?イメージ・組み立てが必要です。経験やセンスによる所が大きく、使う時、場所の判断が難しいと思います。骨格細分化調整は、「正確な観察(触診...

  •  0
  •  0

遅い夕食と冷え

No image

22時過ぎの飲食について。私の場合は、たいてい翌日、腹部の膨満感、喉のつかえ感、下腹の張りといった内臓疲労から、冷えとムクミがヒドくなります。消化の為に体幹部に多くの血液が集められ、末端まで行き渡らなくなるそうです。先日冷え対策に足湯を書きましたが、このような場合は足湯はしません。消化を助ける事が大切なので、腹部の温めとマッサージをします。プラス血行を良くして内部を温める為に、梅醤番茶を飲みます。...

  •  0
  •  0

故障の原因・冷え

No image

痛み・故障のきっかけで多いのが、これまた「冷え」です。特にこれからの季節、汗をかいたまま冷房にあたる、外の気温が上がる程、家やお店など室内はエアコンで室温が低くなり、その寒暖の差だけでも体にとっては大きくストレスがかかります。歪みや、過度な運動からの筋肉疲労が蓄積された状態で、冷房の直撃などで、皮膚に急激な収縮が起こると、ただでさえ余裕のない体に衝撃が入ります。夏場これでギックリ腰になる方が多数い...

  •  0
  •  0

膝の伸展と足根骨変形

No image

膝の裏をぴーんと伸ばして立つ方がいます。女性や日頃姿勢に気をつけてる方、ダンサーに多く見られます。膝裏を伸ばしきって立つと、全身の緊張度が高くなります。常に体を締め上げて立つ為、筋疲労が高くなります。特に前モモの緊張が強くなるので、重心もどんどん前重心になります。前重心になると足のアーチも潰れやすくなります。女性はヒールの高い靴を履く事が多い為、益々爪先に体重がかかりやすく、アーチの潰れ、外反母趾...

  •  0
  •  0

足湯

No image

ここ数日、気温がぐっと下がった影響か,、寝起きに足が冷えてます。下半身の冷えが強いと、熱が頭に登り、頭がぼーっとしたり、気が焦りやすくなります。施療に集中出来なくなる為、今朝は久々に足湯をしました。私の足湯は「お手軽・簡単・速攻足湯」です。リラクゼーション施設のような、優しい温度でゆったりジックリ温めるタイプのものではなく、数分で皮膚表面の温度を上げて「熱刺激」で血液を集める方法です。洗い桶などに...

  •  0
  •  0

歪みの貯蔵庫「膝」と経絡

No image

調整の途中経過で、一時的に痛みが出る事があります。中でも一番多いのが「膝」です。骨盤・股関節の調整をすると、大腿骨(太ももの骨)が動きます。当然、膝周辺に影響がでます。動きが出るので、何がしかの違和感や、痛みが出ても不思議はないと思います。ただ、施術中の一時的な違和感・痛みで治まる方と、その後2、3日不調な方の違いを観察してみました。一言で言うと、「膝周りの組織の硬さの違い」です。全身は一枚布でつ...

  •  0
  •  0