archive: 2011年01月  1/1

立つ事と妊娠

定期的にお見えのOさん。骨格細分化調整を始めてから体調良好、立つ事の奥深さを感じ、着々と調整の進んでいる30代女性です。今回、年末に体調を崩し、風邪で寝込みました。そのせいなのか、立っていて、どうもおさまりが悪い様な、どういう風にどこで立ったらいいのか分からない感じになったとの事でした。骨格細分化調整を受けるまでは、立つ事に感心を持ったり、意識を向けたことなど無かったのですが、調整の進化と共に、意...

  •  0
  •  0

顔の傾き~癖と歪みの違い

調整回数20回目になる20代女性。今回の調整後、右にかしげていた顔が中心によりました。まだ右半顔の下がりはありますが、来院当初とは比べものにならない位の変化です。この方の場合、身体の右半分の下がりが大きく、かなりの右重心でした。調整の度に少しずつ重心が中心によってきて、立位での右の前方回転が減少、骨盤の右下がりが小さくなり、同時に右股関節の飛び出しもおさまってきました。同時に、右肩下がりが小さくな...

  •  0
  •  0

赤ちゃん整体と斜視

日曜日に来た新しいクライエントは生後6ヶ月の赤ちゃんでした。頭の形と、向き癖のご相談で来られました。先日のブログにも書きましたが、骨格細分化調整の考える頭部の歪みは、形状そのものを整えるものではありません。全身の調整が進行する中で、結果として頭部の形が、丸く、バランスのよくなる事がありますが、その事を目的とした調整ではありません。しかし、この赤ちゃん、保育器での寝かせ方が原因なのか、確かに、頭全体...

  •  0
  •  0

進行し続ける整体

No image

1月8日 仕事始めでした。午前中のクライエントは、先天性股関節脱臼による股関節痛、20年来の全身不調・左股関節の痛み、お二人共まだ8回以下の少ない回数ですが、調整の進行・体調の変化が見られていました。もう一人は、4年近く定期的な調整を続けている20代女性。来院当初の問題はすでになく、より良い骨格と、重心調整での健康維持を目的に、ご家族皆さんで調整を継続されています。2ラウンド目のクライエントも、皆...

  •  0
  •  0

赤ちゃん整体、子供整体の可能性

年々赤ちゃん整体、子供さんの整体のお問い合わせが増えています。頭の形を気にされる方が一番多く、その他、おかしな動きや発達の遅れ、斜視、てんかんと続きます。特に大きな問題がない場合で頭部の変形を気にされる場合、一歳6ヶ月までの赤ちゃんについては東京女子医科大学のヘルメット外来をご案内しています。骨格細分化調整は、出産時や体内にいた時に生じたと思われる頭部の歪みの調整を行っていますが、頭の形を良くして...

  •  0
  •  1

新年ご挨拶~頭頂部の解放

新年おめでとうございます。年末年始、まとまった時間を頂けたお陰で本の編集作業が大分はかどり、いよいよ完成が見えてきた感があります。ここへきて、挿絵作成に有効なツールがまた一つみつかり、大変ながらも実りの多い時間です。本の作成を決めた時点で、かなりの文章は出来ていましたが、実際にまとめてみると、これが中々。説明の為のイラストの作成、全体の構成、その他諸々、大変な作業と聞いてはいましたが、ホントやって...

  •  0
  •  0