archive: 2017年04月  1/1

鼻から息を吐ける事と姿勢の安定

鼻から息を吐ける事と姿勢の安定を考えさせてくれたK君ある時、調整中じっとしていられないK君が、退屈しのぎに丸めたちり紙を鼻の穴に詰めて、鼻息で「フンッ!フンッ!」と飛ばして遊んでいる事がありました。笑いを誘うその様子と共に「フンッ!フンッ!」と鼻息でちり紙を飛ばす度に、見事に凹むお腹に目がいきました。強く息を吐く時、お腹の圧力を利用しますが、その力強さに改めて関心すると同時に、K君の立ち姿が頭に浮か...

  •  0
  •  0

安藤友香選手・忍者走りとは、構造的理解7 (中心軸)

安藤友香選手・忍者走りとは、構造的理解7 (中心軸)(1)重心線、中心軸、身体軸とは①重心線 人間の重心点から、 地球の中心を結んだ鉛直線のことです。  重心点とは物体の重さの中心です。人間の重心点はおおよそ、へその少し上方内側にあります。  ②中心軸 重心線を延長した、足から頭までの身体を貫く軸です。 重心線と一致しています。  ③身体軸 身体の形状に合わせた軸のことを言います。身体をCTスキャンのよう...

  •  0
  •  0

安藤友香選手・忍者走りとは、構造的理解6 (腕・脚の斜め振り子)

安藤友香選手・忍者走りとは、構造的理解6 (腕・脚の斜め振り子)直立二足歩行で歩いたり、走ったりするには、手足は前後運動した方が、効率的、機能的、合理的です。 幼・保育園での園児の様子を見ていると「斜め運動」をよく見ることができます。「手の振り」「脚の振り」が「前後運動」では なく「斜め運動」になっています。これは成長の途中経過「移行期」の特徴的運動です。      「斜め運動」は一つの体に、二つ...

  •  0
  •  0

多動、偏食、耳ふさぎ、言葉が遅い 5歳Y君の成長

Y君 9歳 調整を開始してからもうすぐ4年になる。と言っても、始めの一年は月一ペースで、その後は、半年〜1年ごとに検査、調整を数回行っている。久しぶりとなるこの日、当方の手違いで玄関に来られてから、急遽、開始時間の変更をして頂くことになった。一見何でもないようなことだが、これは、今までのY君だったら、大変なことだ。ASDをご存知の方ならお分かりのことと思うが、彼等にとって急な予定の変更、予定外の流れと...

  •  0
  •  0

安藤友香選手・忍者走りとは、構造的理解5 (1軸走行、2軸走行、骨盤は動かない)

安藤友香選手・忍者走りとは、構造的理解5 (1軸走行、2軸走行、骨盤は動かない)道路の白線上を走る場合に、一軸走行は左右の足の着地は白線上になります。二軸走行は白線を跨ぐ感じで走ります。走る場合にどちらが良いかについては、諸説があるので紹介します。『賢く走るフルマラソン』田中宏暁先生右足を前に出して一直線に走るには、腰をひねって内側に回転させなければなりません。そうすると安定させるために上半身は左...

  •  0
  •  0

安藤友香選手・忍者走りとは、構造的理解4 (ミス・ユニバースの腕、女性骨格の長所)

安藤友香選手・忍者走りとは、構造的理解4 (ミス・ユニバースの腕、女性骨格の長所)安藤友香選手の走りを理解するために・肩甲関節体・胴体垂直による落下全身運動・上下運動とピッチ走法について説明してきました。ここでは軸の重要性についての説明は省きますが、すでに説明した3つの身体構造には、「身体の軸」「中心軸」は必須となっています。軸については書籍を参照願います。腕の秘密を説明するには、女性骨格の長所と...

  •  0
  •  0

安藤友香選手・忍者走りとは、構造的理解3 (上下運動、ピッチ走法、ストライド走法)

安藤友香選手・忍者走りとは、構造的理解3 (上下運動、ピッチ走法、ストライド走法)走法には大きく「ピッチ走法」と「ストライド走法」があります。 (ピッチ:1歩にかかる時間)(ストライド:1歩の長さ・歩幅)歩幅を小さく取るのが「ピッチ走法」歩幅を大きく取るのが「ストライド走法」です。どちらの走法にもメリットとデメリットがあると言われています。それでは、安藤友香選手の走法について、当研究所の見解を説明し...

  •  0
  •  0

歪みと「いわゆる発達障害」の関係について

歪みと「いわゆる発達障害」の関係について「歪みを全身に分散させることで 独歩まで進むことが出来た歪みレベルの人」というのは、小中高と普通に進学して、大多数の中で成長している状態の人を指します。大半の方がこのタイプです。多少の不具合も「個性のうち」として生きて行けるこれら大多数の方の中でも、・内包している歪みの量や、・分散させている場所、・複雑さなどはそれぞれに違います。一見、順調に成長している様に...

  •  0
  •  0

「赤ちゃんの時は頭の形が悪かったけど、成長と共に分からなくなった」 これは歪みが無くなったということなのか?

「赤ちゃんの時は頭の形が悪かったけど、成長と共に分からなくなった」 これは歪みが無くなったということなのか?「生まれた時は頭の形悪かったけど、 成長と共に丸くなった」「生まれた時は頭の形悪かったけど、 成長と共に目立たなくなった」」「生まれた時は頭の形悪かったけど、 成長しても形は変わらず。でも問題なく成長出来た。」骨格細分化調整では、これら三つの場合でも、構造的に正しい姿勢、動きがとれていない場...

  •  0
  •  0

赤ちゃん発達と歪み〜首座りの重要性〜③「経過観察」何の展望も無しに過ごすには重要過ぎる時期

赤ちゃん発達と歪み〜首座りの重要性〜③「経過観察」何の展望も無しに過ごすには重要過ぎる時期→赤ちゃん発達と歪み〜首座りの重要性〜①「Mちゃんの事例からの考察」「様子を見ましょう」「経過観察中」その後、問題がありそうだとなってから、様々な検査が始まり、そこで何かしらの病名がついた場合、治療開始。何も解らない場合、運動療法などで刺激を加えながら再び経過観察となります。ここまでで1、2歳。この間に発達が進ん...

  •  0
  •  0

赤ちゃん発達と歪み〜首座りの重要性〜②「何かおかしい」の感覚は重要

赤ちゃん発達と歪み〜首座りの重要性〜②「何かおかしい」の感覚は重要→首が座らない、頭の形がおかしい Mちゃん4ヶ月〜後編 「何かおかしい」の感覚だけでは曖昧ですが、目で見てわかるものとしてはやはり「頭の形」が最も分かりやすいと思います。また、向き癖と言われる片側に偏った状態や、手足の左右不均等、捻れ、その他、眉間にシワがよりそうなしかめっ面、目尻、眉尻が下がった悲しそうな表情、熱があるわけじゃないの...

  •  0
  •  0

赤ちゃん発達と歪み〜首座りの重要性〜①「Mちゃんの事例からの考察」

赤ちゃん発達と歪み〜首座りの重要性〜①「Mちゃんの事例からの考察」→首が座らない、頭の形がおかしい Mちゃん4ヶ月〜後編 Mちゃんの発達経過をおおよその平均と比べてみます。喃語9ヶ月(遅め)平均4〜5ヶ月ずり這い11ヶ月(遅め)平均7〜8ヶ月ハイハイ1歳1ヶ月(遅め)6ヶ月〜10ヶ月首座り完了もほぼ同時期1歳5〜8ヶ月一人歩き(遅めだが平均範囲)平均1歳前後文字だけで見ると「ちょっとゆっくりめ、のんび...

  •  0
  •  0

首が座らない、頭の形がおかしい Mちゃん4ヶ月〜後編 

首が座らない、頭の形がおかしい Mちゃん4ヶ月〜後編 →前編→中編以下、Mちゃんの経過となります。2015年7月(生後4ヶ月)から調整開始。まだ目立った遅れ等は分からないとの事だったが、以下が気になり来訪。・出産時に顎関節症と言われた。(下顎・舌左寄り)・右半身が縮んだC字状態。・頭も常に右に傾げている。・頭の形が明らかにおかしい。→(頭部変形分類:A5A8B1B7)3回後、首がややしっかりしてきた感じがあった...

  •  0
  •  0

首が座らない、頭の形がおかしい Mちゃん4ヶ月〜中編 

首が座らない、頭の形がおかしい Mちゃん4ヶ月〜中編 →前編はこちらへ頭皮に引っ張られているのか、不自然に吊り上がった目、全体に小さすぎ、膨らみがなく、赤ちゃんらしからぬ細すぎる手足。そして最も気になるのは、明らかに普通ではないと言わざるを得ない頭部の形状。・前後圧縮、・サイドの張り出し、・前低後高、いずれも非常に大きい。絶壁というより、耳から後半分がないかのような膨らみのなさ。前編の冒頭で述べた重...

  •  0
  •  0

首が座らない、頭の形がおかしい Mちゃん4ヶ月〜前編 

2015年7月から調整を開始したMちゃん、当時4ヶ月。骨格細分化調整の事例の中でも、一つの節目となるような貴重な事例でしたので少々長くなりますが、ここに記します。(事例内容だけを見たい方は「後編」を御覧ください。)→後編へ赤ちゃんの発達にお悩みの方、骨格細分化調整に関心をお持ちの方、前編、中編は、骨格細分化調整の実際を知る上での参考になるかと思います。首が座らない、頭の形がおかしい Mちゃん4ヶ月〜...

  •  0
  •  0