FC2ブログ

archive: 2017年06月  1/1

歩きの衝撃と生理的湾曲

歩きの衝撃と生理的湾曲下はいずれも、生理的湾曲が崩れた状態での、歩行時に負担となる衝撃部位のイメージイラストです。本来、着地により下から上へ抜けるはずの衝撃が各部に留まることになります。実際は上半身だけでなく、膝、股関節にも起き続けています。繰り返される衝撃により筋肉は慢性緊張の後、硬化せざるを得なくなります。加齢に伴い、筋肉の質や関節の動きが低下する大きな要因です。いずれも生理的湾曲という背骨本...

  •  0
  •  0

前重心と情緒への影響

前重心と情緒への影響下のイラストは重心の違いによる脚の筋負担を表しています。     骨格主導の重心          筋肉主導の重心右「筋肉主導重心」の二人では前腿、前スネのグレー部分が「ただ立つだけで起きている緊張」です。(実際は、膝下全体がグレーゾーンのことがほとんどで、上半身では主に背面部に必要以上の慢性緊張が生じます。)左「骨格主導重心」の二人では股関節のほぼ真下に重心落下点があり、脚の...

  •  0
  •  0

調整による表情の変化

2歳5ヶ月 Yちゃん発達全体の遅れ 調整中様々な課題がある中でお母さんが特に気にされているのが、表情の固さにあった。笑顔なのかどうかの判別が難しいような表情をすることがあり、Yちゃんの意図が分からない。怒ってるのか?何か警戒しているかのようにも見れてしまう険しい表情。Yちゃんの筋骨格状態からは、表情筋が動く時に、自分の思うような動きとなりにくいことが考えられる状態にあるので、そのことは伝えていた。調...

  •  0
  •  0

重心変化と姿勢作り

重心変化と姿勢作りSさん 40代 男性 個別トレーニングの目的・正しい姿勢、身体の使い方の理解による良好な身体状態・慢性的な首の問題解決・趣味のトライアスロンでの効率的な動き・足腰の痛み疲れの軽減による、長時間パフォーマンスの維持1、立位状態の確認胸張り、肩引き姿勢全身的に筋緊張で固まり、拘束が強い。(特に大腿前面部、膝下の高緊張)下半身の強い前傾のバランスをとるように上半身が反返り、生理的湾曲と...

  •  0
  •  0

「階段を下りる時、膝が痛い」2 〜下の向き方と姿勢の崩れ

「階段を下りる時、膝が痛い」2〜下の向き方と姿勢の崩れ前回記事続きです。Mさん、頭位の改善は出来ていても足元を見る「目の動き」は抜けていました。下のイラストはスマホを見る時のものです。☓頭部ごと画面に近づく   ◯目の動きと腕の動きで見る階段下りの時も同じことが起きています。◯の目の動きが行われると、頭位を崩すことなく、階段を下ることが出来ます。しかし、日常の何気ない動作で☓のような動きが習慣になって...

  •  0
  •  0

「階段を下りる時、膝が痛い」1〜下の向き方と姿勢の崩れ

「階段を下りる時、膝が痛い」〜下の向き方と姿勢の崩れ60代 Mさん 「階段の下りで、膝が痛くて。でも先生に教えて頂いた、頭の位置のこと思い出して、やってみたらその場から痛みがなくなりました」足元を見るだけの動きが、頭部を前下へ落とすような使い方の癖があると、以下の様になります。①立ってる時   ②目を使う前に頭が前へ出て  ③更に下へ落とす →  → ③の状態は、上半身前傾による前重心となり、膝への負担...

  •  0
  •  0

ヒトを地球に真っ直ぐ立てるようにする仕事〜骨格細分化調整師

舞踊家Nさん。今回、公演後、指導頂いてきた先生方から「皆の中で一番、中心軸が通っていた」「中心が通っている理想的な身体だ」「身体が違う、真っ直ぐになってる」等など、想定外の賛美。観客席の複数の方々からも「私もやってみたくなりました!」言われ、とても感激したことを報告頂いた。Yさんは数年がかりで、・骨格細分化調整による構造的中心軸形成と、・股関節を中心とした動きのトレーニングによる 中心軸の強化を続け...

  •  0
  •  0

重心と運動の上達

30代 男性 Tさん 骨格細分化調整を受けるようになってから、・力まない時間、・力みの抜けた感覚を体感出来るようになり、当初の不快状態は、ほぼなくなった。その後、書籍のトレーニングを行い始めてから、姿勢に対する理解が深まり、今まで「頭で知っている動きの情報」と、「実際の自分の動きとの不一致」による「どうも上手くいかない」が少なくなり、運動全般が上達、動きも以前より早く動ける。特にあまりやったことの...

  •  0
  •  0

「ふくらはぎが異常に張る」〜下の向き方と重心変化

「ふくらはぎが異常に張る」下の向き方と重心変化 20代Aさん 立ち仕事相談内容元々慢性的な脚のむくみが強かったが、立ち仕事を始めてからさらに悪化。ふくらはぎだけでなく、足根部も腫れ、座位からの立ち上がりなど、動き始めに痛む。調整直後重心、全身の筋肉状態も良好に変化。重心変化により、脚の張りも減少する。しかし、何気ない動きの観察では「頭部を前下に落とすような動き」の特徴が見られた。Aさんの業務内容・長...

  •  0
  •  0

「上を向くと首、肩が痛い」〜上の向き方と老化の傾向

「上を向くと首、肩が痛い」〜上の向き方と老化の傾向 20代女性 Yさん 学生相談内容・上を向くと首、肩が痛い・そのせいか、最近は頭痛もし始めている調整前立位上半身の右横ズレ、左背面下がり、肩首周辺筋肉が縮み肩・腕ごと前方に巻き込み、首の後ろ側が圧迫されたように平べったい調整箇所胸椎、腰椎、肋骨、頚椎調整後、上半身全体の捻れの減少に伴い、肩首周辺の筋肉拘束減少、首に長さが出て、後ろ側の圧迫感も減少した...

  •  0
  •  0

運動で壊れる身体〜Hさん最終回「階段下り」と脚三関節・胴体軸

運動で壊れる身体〜Hさん最終回〜「階段下り」と脚三関節・胴体軸運動で壊れる身体〜腰痛編〜Hさんその170代女性 Hさんの事例から数回に分けて運動と腰痛、身体を捻ることについての見解と指導内容、そのポイントを見てきました。ここでもう一度、Hさん相談内容を見てみます。・お腹に力が入らないせいかお腹ばかり太るのを何とかしたい・スポーツジムに行き始めて数年経つが、 最近、今まではなかったのに腰痛が起きるように...

  •  0
  •  0

運動で壊れる身体〜腰痛編〜Hさんその5「脚三関節の運動2」

運動で壊れる身体〜腰痛編〜Hさんその5「脚三関節の運動2」運動で壊れる身体〜腰痛編〜Hさんその170代女性 Hさんの事例から数回に分けて運動と腰痛、身体を捻ることについてを見ています。前回に続き、股関節及び脚全体の動きの向上に行った指導内容を見ています。3「足開閉 つま先接地その場歩き」実践編 P284参照つま先を床につけたまま、その場歩きをします。踵を少しずつ開き、開ききったら元に戻し、今度はつま先を...

  •  0
  •  0

運動で壊れる身体〜腰痛編〜Hさんその4「脚三関節の運動1」

運動で壊れる身体〜腰痛編〜Hさんその4「脚三関節の運動1」運動で壊れる身体〜腰痛編〜Hさんその1その1で前後重心移動の感覚と、腕の使い方の認識指導を書きましたが、その他にも行ったいくつかの指導を見ていきます。股関節及び脚全体の動きの向上に1「半歩引き立ち膝回し」*実践編 P278参照大腿骨を真横から掴みながら行いました。「膝で正確に円をかくように」回します。正確に円を書こうとすると、中々回しにくかったり...

  •  0
  •  0

運動で壊れる身体〜腰痛編〜Hさんその3「脚三関節」

運動で壊れる身体〜腰痛編〜Hさんその3「脚三関節」運動で壊れる身体〜腰痛編〜Hさんその170代女性 Hさんの事例から数回に分けて運動と腰痛、身体を捻ることについてを見ています。Hさんには、その他の日替わりエクササイズをいくつか再現してもらい、脚の動きに注目した。(脚三関節)他の動きでもそうですが、Hさんの動き全般として、股関節を中心に、膝、足首、足指など、関節の動きが非常に小さい状態がみられました。脚...

  •  0
  •  0

運動で壊れる身体〜腰痛編〜Hさんその2「股関節と肩甲骨の拘束」

運動で壊れる身体〜腰痛編〜Hさんその2「股関節と肩甲骨の拘束」運動で壊れる身体〜腰痛編〜Hさんその170代女性 Hさんの事例から数回に分けて運動と腰痛、身体を捻ることについてを見ています。前記事の指導内容から、ポイントを1つ1つ見ていきましょう。ポイント1股関節の運動により、上半身(胴体)を一つにして(胴体一体化)上半身の軸回転運動を使いパンチやラケットを振れるような動きの訓練が必要です。この時、動...

  •  0
  •  0

運動で壊れる身体〜腰痛編〜Hさんその1「危険な胴体捻り」

運動で壊れる身体〜腰痛編〜Hさんその1「危険な胴体捻り」70代女性 HさんHさん相談内容・お腹に力が入らないせいかお腹ばかり太るのを何とかしたい・スポーツジムに行き始めて数年経つが、 最近、今まではなかったのに腰痛が起きるようになった・階段の降りが苦手運動歴:特定の運動歴はないが、    定年以降は週5日ジムでエクササイズとスカッシュ食生活:特にこだわりはないが、    甘い物や菓子類は食べない様に...

  •  0
  •  0