archive: 2017年08月  1/1

ハイハイ出来ない 発達全体の遅れ 1歳2ヶ月 Tくん

ハイハイ出来ない 発達全体の遅れ 1歳2ヶ月 Tくん(頭部変形分類 A3A8B4)発達経過6ヶ月首すわり、11ヶ月寝返り、12ヶ月おすわり少し(座らせてあげると少し座っているが、維持は出来ない)現在、ハイハイはできず、移動はズリバイ2ヶ月で股関節の開きが悪い、筋緊張亢進の診断。MRIで脳の前頭葉が小さく小頭症と言われている。初回後 「脚の緊張が強くなってしまった」との事だったが、    その動かし方から、必要な筋...

  •  0
  •  0

「立たないのではなく、立てない」

「立たないのではなく、立てない」検査でも何も異常なし、運動療法などでも一向に変化しないお子様の中には、・表情に覇気がなく、・うつろな目、・ボンヤリしたその様子などから、誤解を与えてしまい、医療者側から「やる気がない」「立とうとする意欲がない」など言われてしまい、親子共々行き場のない状態で来られることがあります。立ちたくない、立つ気のない子などいるのでしょうか?当研究所では、「立ちたくても立てない何...

  •  0
  •  0

「お座りも出来ているのに、なぜ立てないの?」

「お座りも出来ているのに、なぜ立てないの?」2歳5ヶ月Yちゃんの経過から、 首座りの誤解についてまでを3回に分けて見てきました。当方の事例検証では、マス目の歪み、頭部変形、調整による変化から、こうした肉体状況におかれている子供達が多くいることが解ってきました。医療機関でもお座りまでは出来ていると言われてご相談に見えるケースがあります。ご家族も「お座りまで出来ているのに、なぜ立てないの?」と悩まれてき...

  •  0
  •  0

ハイハイがおかしい 第三回「首座りの誤解について」

ハイハイがおかしい 立てない 第三回「首座りの誤解について」2歳5ヶ月  Yちゃん (頭部変形分類 B1B3B5)第三回「首座りの誤解について」*当方で考える首座りについての判断基準・考え方は医療機関のものとは違いがあります。予めご承知おき下さい。→首座りの定義2歳5ヶ月  Yちゃんの事例から「首座りの誤解について」を見てみます。「調整経過」は前々回記事をご覧ください。発達経過生後6か月首座り、8か月寝返り...

  •  0
  •  0

ハイハイがおかしい 立てない 第二回「全身状態の変化と自発的運動」

ハイハイがおかしい 第二回「全身状態の変化と自発的運動」2歳5ヶ月  Yちゃん (頭部変形分類 B1B3B5)第二回「全身状態の変化と自発的運動」2歳5ヶ月  Yちゃんの事例から「全身状態の変化と自発的運動」を見てみます。→「調整経過」はこちら発達経過生後6か月首座り、8か月寝返り、1歳1か月お座り、2歳ハイハイ現状・ハイハイで、手足を左右交互に動かすことが出来ず、 ぴょんぴょんと飛び跳ねての移動。・手を持って...

  •  0
  •  0

ハイハイがおかしい 立てない 2歳5ヶ月 Yちゃん 第一回「調整経過」

ハイハイがおかしい 立てない 第一回「調整経過」2歳5ヶ月  Yちゃん (頭部変形分類 B1B3B5)今回はYちゃんの事例から「調整経過」と「全身状態の変化と自発的運動」「首座りの誤解について」を三回に分けて見ていきます。第一回「調整経過」発達経過生後6か月首座り8か月寝返り、1歳1か月お座り、2歳ハイハイ現状・ハイハイで、手足を左右交互に動かすことが出来ず、 ぴょんぴょんと飛び跳ねての移動。・手を持って支え...

  •  0
  •  0

体重の75%は踵(カカト)に乗せる

そもそも、「不良姿勢」とは、どの様な状態で「正しい姿勢」とは、どういう状態をいうのか?これらの理解がない限り、姿勢を正すというのは困難です。場合によっては、身体の負担となる姿勢を身につけてしまうこともあります。日頃、皆さんが抱くこうした疑問を解消するのに最適な書籍を作成しました。「構造的に正しい姿勢、構造的に正しい身体の使い方」理論編と実践編の二冊同時、中心軸整体かアマゾンで購入出来ます。姿勢や座...

  •  0
  •  0

側弯症と重心変化

側弯症と重心変化下の2枚の写真は脊柱側弯症のAさんの「重心変化」写真です。   左:調整前 上半身が大きく右横ズレ右:調整8ヶ月目以降 上半身がほぼ真上に乗る右に傾斜し続ける身体を、常に支えていなければならず常に慢性緊張、立っているだけでも非常に疲れる状態でした。常に右半身の強烈なコリ、自律神経系の様々な問題を抱えていましたが、右写真の重心状態に変化し始めてからは全体的に緩和されていきました。この...

  •  0
  •  0