お砂糖の代用として、濃縮甘酒のススメ

甘酒は発酵食品であり、「酵素の宝庫」 です。

甘酒という名前ですが、お酒ではなく、アルコールは含まれていません。
(でも酒粕を使った甘酒の場合、アルコールは含まれてしまいます)

ここで説明した甘酒は、麹菌と雑穀(お米、雑穀)で作る健康食品・健康飲料です。

甘酒の甘さは、麹菌が分泌する酵素によって
穀物のでんぷんが分解(糖化)されてできたブドウ糖です。

甘酒は冬に飲むことが多いので、冬場の飲み物と思われがちです。

しかし江戸時代では、真夏に飲まれる夏バテ防止・疲労回復の栄養ドリンクだったそうです。

さらに、酒席の前に飲んで、悪酔いを防止する効果もあるそうです。

甘酒の成分は病気の時の栄養補給として使われる「点滴」と成分が
非常によく似ていると言われています。

そもそも発酵食品は、ビタミンや必須アミノ酸等の
人間にとって必要不可欠な物質を多く含んでいます。

麹菌は、夏バテ、食中毒予防、疲労回復、大腸がん予防、
肝機能向上、免疫力増強、頭皮を若返らせ美しい黒髪をつくる効果が高い
と言われています。

また甘酒には、血圧上昇を抑制する作用、肥満を防止する効果、
健忘症の予防・改善効果、があると言われています。

甘酒に含まれる麹酸には、肌トラブルのもとである活性酸素を消去する
働きがあり、シミ、ソバカス、くすみ、しわ、たるみを
一掃する効果があると言えるそうです。

さらに甘酒に含まれる麹菌や乳酸菌などの生菌を取ることで
腸を元気にしていきたいものです。


ここで紹介した、雑穀甘酒は、甘すぎるほど甘いです。

お砂糖の代用として使われるのであればそのまま使えます。

でも甘酒として飲むのであれば、お水で割ってお飲みください。


<<注意>>

私たちにとっておいしくてかつ、添加物の少ない食品は、
言い換えると微生物にとっても 「繁殖しやすい、おいしい環境にある」
と見なすことができます。

手作り食品のなかでも発酵食品は、器具や器具を扱う手などに
雑菌がついていると思わぬ事故を招く場合があります。
(薬局で販売している、消毒用エタノールをスプレーして殺菌できます)

衛生には十分に気をつけて下さい。

また、嫌な臭いがちょっとでもしたら口にするのは止め、廃棄しましょう。
スポンサーサイト

0 Comments

Post a comment

1 Trackbacks

この記事へのトラックバック