FC2ブログ

一歳三ヶ月 不安定な首、ハイハイしない、座れない、立てない2

2歳9ヶ月、D君。
九州地方からと遠方の為、毎回2日連続調整。
今回7ヶ月ぶり、玄関から1人で歩いて入ってきた。
前回調整以降、1人で立ち、歩ける様になり、
小走りも出来る様になった。

しかし、まだ
・非常に転びやすく、
・階段を1人で上り下り出来ない。
言ってる事も理解出来て、二語文も出るが、
・言葉が遅めな事が心配。他、
・座ってる時、背中が丸まり、
 上半身を立てておけない。

立位
 胸郭は膨らんでいるが、背面部から見ると、
 下半身に対して上半身が前めになる為、
・背骨を反らす事で立位を維持している状態。
・大腿部は内股に捻れ、膝下はX脚、
 内踝下がりで左外脛骨状態。

初日、40分泣きっぱなし、その後、熟睡。
二日目は20分程の泣きで熟睡。

・座位での背中の丸まりが半減。
・左脚の外脛骨が軽減、左右同じ様な捻れに変化。
・立位の背中の反りは昨日の半分位に変化。
・初日、重くかぶさった様な瞼が上り、
 目がパッチリとした顔で帰って行った。

D君、初回時、頭部全体の膨らみはあったが、
・後頭部の変形が強く、
・その影響が首の筋肉の左右差
となる状態が目立っていた。
首が不安定すぎて、ハイハイもお座りも
出来ない状態となっていた。

2日間の連日調整にて、
・ズリバイ、お座りが出来る様になる。
2回目の連日調整後、
・ハイハイからよじ登って1人で立ち上がる
事が出来た。その後、
・つかまり立ちでの移動と、
・10歩程度の独歩が可能になる。

3回目の連日調整後から、冒頭の状態へと
成長が進んできた。
2014年11月の記事↓
1歳3ヶ月 不安定な首の座り、ハイハイしない、座れない、立てない

D君の場合、調整の度に毎回変化し
順調な経過です。

しかし、歪みの大きさや複雑さ、
肉体の発達状況等により、変化には個人差があります。
首の座りや、お座りだけでも
10回以上かけて獲得するお子さんもいます。

また、前回ブログのRちゃんもそうですが、
立てない、歩けない、首が座らない、お座り出来ない等、
運動発達全体が遅めのお子さんの場合、
言葉の発達も遅めの傾向にあります。

ただ、独歩の獲得以降、
言葉に関する問題に急に進展が見られる事は多く、
二足歩行の獲得と言語の発達、
その背景に、発声器官の構造上の変化や、
頭位の安定等の関わりの影響を考えさせられます。

しかし、立ち歩けるのに、言葉が出ないお子さんや、
立ち歩けないけど、言語の発達は滞り無く進んでいる
ケースもあるので、様々な原因がある事と思います。

骨格細分化調整におけるマス目の歪みは、
歪みの減少をもたらすだけのものではなく、
発達途中にあるお子さんの場合、
発達そのものを促す方向にあるものと考えています。

マス目の歪みが発達全体に影響を与えている場合、
現状の問題に変化が見られる可能性があります。

*骨格細分化調整は、医療行為ではないため病気の治療は行いません。
 より良く立てる身体作りを目的に行う骨格調整です。
 また、骨格細分化調整における検査は、病気の診断や、
 原因を特定するものではありません。
「マス目の歪み」という独自の考えの元に、
現状把握、調整箇所特定及び、
全身バランスの変化観察の為に行われるものです。

赤ちゃん整体・発達障害〜脊柱側湾症中心軸をつくる骨格細分化調整
book300.jpg中心軸赤ちゃん整体院のホームページはこちらへ

中心軸側湾症整体院のホームページはこちらへ

クリックお願いします
人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

0 Comments

Post a comment