FC2ブログ

頭部の歪みと呼吸の浅さ 多動、怖がり 小4 女子

頭部の歪みと呼吸の浅さ
小4 女子 Yちゃん

相談内容
ソワソワ、落ち着きがない
座ってる時の貧乏ゆすりを我慢できない
怖がり、不安感が強い

調整前立位
①胸郭が縮みすぎて短く固まり、胸郭全力疾走直後の様な状態
②僧帽筋の異常緊張、顔色も悪く、目が泳いでいる
③高すぎる胸郭と肩に押されて、頭部前出

調整箇所、頭部のみ

仰向けでの調整中も、胸式呼吸のまま、興奮状態がおさまらない。
調整の進行とともに落ち着いていき、終了時には腹式呼吸に変化。

調整後立位
①②③いずれもほぼ解消。
柔軟性のある自然な胸郭状態に変化した。僧帽筋緊張も緩み、顔色、表情ともに子供らしい明るい様子、目も合うようになり手を振りながら笑顔で帰っていった。

Yちゃん、以前、記事にした成長と頭部の膨らみにあるような歪みの状態でした。
成長と頭部の膨らみ

頭部の歪みの影響の現れ方は人それぞれです。

今回のYちゃんの場合、頭部にあるマス目の歪みにより、酸欠状態が続いていたと思われます。
胸郭が十分に伸縮せず、十分な酸素供給が出来ない上、全力疾走直後のようなゼーゼーハーハーの努力呼吸状態が続いているため、顔色が悪くなるほどの僧帽筋緊張が起きていました。座りや、動き回れない体勢になると、貧乏ゆすりのような微振動をかけることで、血液循環を促しています。呼吸の浅さは、軽いパニックや、不安感を引き起こしやすく、こうした身体状況の結果、冒頭の相談内容となっていることが考えられます。

特に問題なく成長し、就学したお子さんでも、何らかの理由でマス目の拡張不足(頭部の歪み)が起きることがあります。
「小学校に上がってから」「中学生になってから様子が変わってきた」場合、成長期や環境変化による心理的なもの、一時的なことは多くあります。しかし、マス目の歪みによる肉体的不具合が影響している場合、「ちょっと様子が・・」ではなく、目線や、顔つき、表情の不自然さなど「明らかにおかしい」がほとんどです。

また、冒頭のような相談内容の場合、お子さんの性格だろうと思われがちなこと、親からすると好ましくない態度であることから、一方的な強制を強いたり、怖がりを治そうと荒療治的な関わりとなってしまうこともあるようです。

お子さんの様子がおかしい時、
・首や肩が異常に固くなっていないか、
・元気な時に比べて顔色が悪くないか、
・なんでもない時も肩で呼吸していないかなど、観察してみて下さい。
よく見てみると、どこか体調が悪いことから起きているSOSかも知れません。






下の絵は、左から右へ、老化とマス目の歪みの変化
を表したイメージイラストです。
マス目の歪み進行・老化
0歳〜幼児 → 小・中学 → 成人 → 中高年 → 高齢

「身体の歪み」を研究するなかで「マス目の歪み」
というものの存在が、明らかになって来ました。
「マス目の歪み」の調整法を、骨格細分化調整と言います。

マス目の歪みは増加しながら、
骨格的老化を早める大きな要因です。

大なり小なり、歪みは誰にでもあるものです。
無事に発達しながら立位を獲得し、自由に歩けるようであれば
特に、調整は必要ありません。

しかし、まだ立ち歩く前の段階で
マス目の歪みの影響により、
立位、歩行の獲得が困難になっている場合は
調整の必要があります。




そもそも、「不良姿勢」とは、どの様な状態で
「正しい姿勢」とは、どういう状態をいうのか?
これらの理解がない限り、
姿勢を正すというのは困難です。
場合によっては、身体の負担となる姿勢を
身につけてしまうこともあります。

日頃、皆さんが抱くこうした疑問を
解消するのに最適な書籍を作成しました。

「構造的に正しい姿勢、構造的に正しい身体の使い方」
理論編と実践編の二冊同時、
中心軸整体かアマゾンで購入出来ます。
姿勢や座り方、歩きに至るまで、
一般の方々にも分かりやすい様に
豊富なイラストで解説しました。
実際のトレーニング内容も、
自宅で行え、日常生活そのものが
トレーニングとなる内容となっています。

構造的理解を深め、
姿勢や日常所作のポイントを知る事は
健康作りの土台になります。
骨格細分化調整を受けていない方も是非ご覧下さい。

構造的に正しい姿勢 構造的に正しい身体の使い方<理論編>
hyoushi riron200

<実践編>
hyoushi jissenn200

中心軸赤ちゃん整体院のホームページはこちらへ

中心軸側湾症整体院のホームページはこちらへ

クリックお願いします
人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

0 Comments

Post a comment