FC2ブログ

事故、ムチウチと運動の衝撃

事故、ムチウチと運動の衝撃

整体に来る途中、自転車に乗っていて、信号無視の車に、左から接触されたTさん。
幸い怪我もなく、転倒もしなかったので、特にダメージを受けた様子もないとのこと。
しかし、調整前の立位検査では、明らかにいつものTさんと違う状態。

調整箇所
肋骨、胸椎
・上半身が左から右方向に強く押されているような歪みの出方
・いつものTさんあまりに違う歪みの出方

自転車に乗ってる時に、後方を左横から軽く衝突された程度だったらしいが、これらのことから、数時間前の直接打撃による軽いムチウチ状態になっていたと思われる。

格闘技などのように、衝撃がくるのを前提として身体が構えている状態と違い、不意打ちや通常モードで受けた衝撃というのは、すぐに自覚症状がないことや、明らかな外傷がないことなどから、レントゲンなどの検査でも判明しないことがほとんど。そのため、対処のしようがないまま、ムチ打ち状態でこらえた身体深部の緊張は緩むことなく、数年にわたり緊張し続けることから、後々に原因不明の不快症状となってしまう

こうしたことは事故に限ったことではなく、実際はあらゆる運動で起きている。

ランニングなどは、着地のたびに地面から受ける衝撃が大きい。走りの衝撃に対し、身体がしっかりと構えた準備状態が出来ている場合、衝撃は骨を丈夫にし、全身のの強度を上げるものとなる。しかし、慣れた動きで気が抜けていたり、やる気がしないのにダラダラ行うと、衝撃に対しての身体の準備が出来ていないため、着地の衝撃は、身体の負担となり、運動後の不快な疲労感として日常動作の乱れにもつながる。


生理的湾曲の崩れた骨格への縦軸刺激のイメージ
背骨衝撃、円背型背骨衝撃、首背型背骨衝撃、反腰型


特に背骨の生理的湾曲は歩行による縦軸刺激に対するショックアブソーバーとして重要な役割を担う。全ての運動に必要不可欠な土台となる。

生理的湾曲を無視した運動刺激の継続はのちの様々な不調原因、骨格的老化を加速させる最大要因。


生理的湾曲の安定した身体の場合、着地の衝撃は股関節から頭頂への響きとなり全身活性化
縦軸刺激良  骨格主導2





下の絵は、左から右へ、老化とマス目の歪みの変化
を表したイメージイラストです。
マス目の歪み進行・老化
0歳〜幼児 → 小・中学 → 成人 → 中高年 → 高齢

「身体の歪み」を研究するなかで「マス目の歪み」
というものの存在が、明らかになって来ました。
「マス目の歪み」の調整法を、骨格細分化調整と言います。

マス目の歪みは増加しながら、
骨格的老化を早める大きな要因です。

大なり小なり、歪みは誰にでもあるものです。
無事に発達しながら立位を獲得し、自由に歩けるようであれば
特に、調整は必要ありません。

しかし、まだ立ち歩く前の段階で
マス目の歪みの影響により、
立位、歩行の獲得が困難になっている場合は
調整の必要があります。




そもそも、「不良姿勢」とは、どの様な状態で
「正しい姿勢」とは、どういう状態をいうのか?
これらの理解がない限り、
姿勢を正すというのは困難です。
場合によっては、身体の負担となる姿勢を
身につけてしまうこともあります。

日頃、皆さんが抱くこうした疑問を
解消するのに最適な書籍を作成しました。

「構造的に正しい姿勢、構造的に正しい身体の使い方」
理論編と実践編の二冊同時、
中心軸整体かアマゾンで購入出来ます。
姿勢や座り方、歩きに至るまで、
一般の方々にも分かりやすい様に
豊富なイラストで解説しました。
実際のトレーニング内容も、
自宅で行え、日常生活そのものが
トレーニングとなる内容となっています。

構造的理解を深め、
姿勢や日常所作のポイントを知る事は
健康作りの土台になります。
骨格細分化調整を受けていない方も是非ご覧下さい。

構造的に正しい姿勢 構造的に正しい身体の使い方<理論編>
hyoushi riron200

<実践編>
hyoushi jissenn200

中心軸赤ちゃん整体院のホームページはこちらへ

中心軸側湾症整体院のホームページはこちらへ

クリックお願いします
人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

0 Comments

Post a comment